TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/11 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1116014 更新:2013年08月23日

できる書写指導 その1(道具)


習字指導の第1歩「筆」について

習字において一番大切なものは、言うまでもない「筆」である。
子どもが使用する筆は500円ぐらいからす数千円とピンからきりまである。
しかし、どんな筆でも使い方によりその状態も変わってくる。
上手に使うといつまでも筆先がきれいである。しかし、乱雑に使うとみるみる筆先がいたんでくる。
従って筆先を見ることで「使い方」ひいては「書道への取り組み」が見えてくる。

習字指導のポイント1

書道指導の最初の時間は、机間巡視をしながら児童の筆先を見る。次の3つの観点で見ていく。 

3つの観点
①筆先がそろっているかどうか。
②毛羽立っていないか。
③毛が抜けていないか。

このようなことを頭の中におき指導するのと、しないのとでは全く異なってくる。

習字指導のポイント2

筆を見ることで、ほめる観点が1つ増える。筆先がいつもきれいな子を、
「○○さんの筆は、よくそろってるね。ていねいにつかっているんだね。」
と力強くほめることができる。
 また、筆先が傷んでいる子どもに関しては、
「たいぶ筆先が傷んできたみたいだね。筆先がきれいと習字もうまくなるんだよ。」
と言って筆先をていねいにそろえてあげるようにする。ゆっくりと感情を込めてていねいにそろえてやる。すると、じょじょにではあるがていねいに扱うようになってくる。

筆の始末 

1,準備
  児童5人に1つくらいのコーヒーの空き瓶を用意。
  (本校は小規模校なので手洗い場に3個おいてある。)

2,仕方
  書道指導第1時の終了10分前に次のように言う。
「(空き瓶を手に持ち)まずこの瓶の中に水を半分まで入れます。その中に筆をゆっくり入れて静かにかき混ぜます。必ずゆっくりですよ。10回かきまぜたら水を静かに捨てます。次にまたその中に水を半分くらい入れます。そしてまた10回かき混ぜます。ゆっくり水を捨てて筆を手でやさしく絞ります。絶対に思いっきりやってはいけません。最後に筆をきれいにそろえてあげて終わりです。」
そしてこれで終わってはいけない。その次にこのように言う。

「次に一番大切なことを言います。これをすると筆の寿命が半分になります。みなさんの習字道具に入っているキャップは絶対にしないようにしなさい。」

 キャップをしないでそっと筆を道具入れの中にしまうのである。 
 さて、このように言ってできるのは30%ぐらいである。後は実際に流しのところへ行き、その都度指導しながらこのやり方を徹底していったり、しまう場面を見てその都度指導する。
 とにかく、その時にできている子をほめることが大切である。
 また、できていない子には手に取り実際に一緒にやってあげることも大切である。
 大規模校になると毎時間全員というようにはいかないが、毎時間何名かずつ筆の始末の場面を見てあげることは重要である。

※ 以上が、平成22年度までのやり方である。上記のやり方でもうまくいくが現在は、次のやり方で行っている、
  学級によって選択してもらったらと思う。

① 1人に1つ、コーヒーの空き瓶(ふた付き)を用意する。(年度当初にお願いをする)
② コーヒーの空き瓶には名前を書いておく。
③ 授業が始まったら書写の用意をするときに、水を半分ぐらい入れて、ふたをしておく。(机上に置いておく)
④ 授業が終わったら、ふたを開けて、上記のように筆を10回ぐるぐるを水の中で回す。
⑤ 細筆も同様に行う。終わったら筆の先を整える。習字セットの中にしまう。
⑥ きたなくなった水を、教室に置いてあるバケツ(2つ用意)に捨てる。
⑦ 捨てた後、ぽとぽとと水が垂れるので、ぞうきんを用意しておいて、拭いてから自分の席に持って帰るようにする。
⑧ 空き瓶は教室の1カ所に集めて、補完しておく。(100均の入れ物などに)

上記のやり方だと、教室から出ることなく、筆の始末ができる。

教室から出てしまうと、ぽとぽとと汚れた水を廊下に落とす可能性がある。
教室内で始末を完結させた方が片付けが早く終わる。

※ バケツの下には新聞をしき、ぞうきんを1つ用意しておく。これを2セット用意しておく。(30人学級の場合)

※ バケツは習字係が用意することとする。

※ バケツの水を捨てるのは教師がやった方が確実である。汚水を捨てても良い場所に捨てる。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド