TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8444660 更新:2013年08月24日

常用漢字から日本の漢字文化の未来を考える


1.単元のねらい

常用漢字について考えることで、日本の漢字文化の未来について考えることができるようにする。

2.単元構成  全6時間

第1時      日本の漢字の歴史 - 「一時に一字」の文字が入ってきた
第2時      日本人の生活と漢字 - 中国、韓国、台湾との比較
第3時      常用漢字から日本の漢字文化の未来を考える(本時)
第4時~第6時  日本の漢字の未来について作文を書く
         (日本の漢字の歴史、字数は増えるか減るか、世界に広まるか など)

3.問題提起-向山氏の課題に挑む

TOSS‐SNSは新しい教育文化を生み出し続けている。例えば、リアルタイムでの教育実践の発表。例えば、リアルタイムでの教育に関する悩み相談。
そして、TOSS‐SNSが生み出した教育文化の最高峰が向山氏がSNSを使って組織している「課題への挑戦」システムである。それは、教師にとって画期的な修業の場である。
向山氏の課題に対して発信することで、深く思考するようになる。深く調べるようになる。自分
に自信がなくても発信するようになる。自己否定を繰り返し、明らかに初めの自分と変わってゆく。

「常用漢字表に関する課題」2009年09月09日08:44前川孝志先生のダイアリーへのコメント
【常用漢字】賂、毀など6字追加を=常用漢字に「待った」-内閣法制局
 

向山先生のコメント
常用漢字表があるために 熟語の中で 嘘字を当てはめているものがあります。
10例以上示しなさい。 
これを読んだ人は全員考えてください。書き込みは1週間のちから。  
ほんとうはこれで授業してみようと思っていたのです。それを二つ目の問題にしよう。  
このことをどのように授業化しますか。
書き込みは二つともすること。

SNSの向山洋一氏の課題に対応した模擬授業を行うべきである。

それは、最高レベルの教師修業となる。

4.常用漢字表から日本の漢字文化の未来を考える

①常用漢字表の歴史

常用漢字表とは、昭和五十六(一九八一)年内閣告示の常用漢字表の前書きによると「法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字の使用の目安を示すものである」とある。
これまで4回、常用漢字表が示されてきた。①大正十二(一九二三)年(関東大震災の混乱で実用されなかった)、②昭和六(一九三一)年(ほとんど実用されなかった)、③昭和二十一(1946)年→当用漢字表、④昭和五十六(一九八一)年である。
その根本思想は、漢字廃止論である。「郵便の父」として知られる前島密が慶応二(一八六七)年「漢字御廃止之議」で西洋諸国に対抗する国力を築くための教育にとっては、漢字を廃止して仮名文字を使用した方が効率的であると提言している。しかし、伝統的で趣深い正しい漢字を使うべきだという反対論も多く、実際に効果を上げなかった。
それが変化したのが戦後である。アメリカ占領政策として漢字、仮名を全廃してローマ字を使うようにという方針が昭和二十一年三月の「アメリカ教育使節団報告書」に書かれている。マッカーサーは漢字の使用を大幅に制限するように文部省に指示した。その流れの中で作られたのが当用漢字表(千八百五十字)である。それは、次の3つの方針で作られている。①漢字を制限すること ②略字を使用すること ③筆記体を認めること それが、三十五年後、昭和五十六年の第四の常用漢字表まで続くのである。
そして、現在、平成十七(二〇〇五)年の文部科学大臣からの諮問があり文化審議会が常用漢字表の改訂について討議をしている。二〇〇九年から二〇一〇年をめどに答申することを目指している。

②嘘字の例

常用漢字 嘘字例 2009年09月18日07:34 杉谷ダイアリー
「これを読んだ人は全員考えてください 書き込みは1週間のちから」とある。この問題に挑戦する。
 「常用漢字表があるために 熟語の中で 嘘字を当てはめているものがあります 10例以上示しなさい」
以下授業で取り上げたい嘘字の例とメモである。
1齋藤 名前にこだわる 2渡邉 3謎謎 しんにゅうの点は1つ?2つ? 
4毎日 点がつながる 母 海 5漢字 漢の正字 正字を今も使っている台湾
6東京都 都の正字 7芸術 芸の正字 8西郷隆盛 郷 隆 の正字
9妛原(あけんばら)山女原 パソコン携帯に入っている幽霊文字
10歩行 步 漢字の成り立ちから考えよう 11臭気 犬が大になった 器
とっても知的な世界に身を置いている幸せを感じています。
根本直樹先生のダイアリーより 13侵略 14技量
さらに千明浩己先生のダイアリーに刺激されて 12「子ども」 を追加する。

③常用漢字表の見直し

今回の見直しの目的は「OA時代への対応」とされている。漢字制限の意味がなくなってきている。書けなくても、携帯やパソコンでは打てるのである。
これまで府県名に使用する「阪」「熊」「奈」「岡」「鹿」「梨」が常用漢字表に入っていなかったのを加える方向である。

④なぜ「子供」でなくて「子ども」と書くのか

「こども」をどう書くかは、教育の場ではたいへん重要である。「子供」か「子ども」か?多くの教師が「子ども」と書いてきた。私も多くの場合「子ども」と書いてきた。このことについて千明浩己先生がTOSS-SNSで「驚き!「子ども」の裏にあるイデオロギー」というダイアリーを書いている。 そこに次の引用がある。産経新聞の最近の記事より―「子ども」「障がい者」 漢字が悪いわけじゃない 政権交代して、新聞にやたら「子ども」の表記が目立つようになった。民主党が掲げる「子ども手当」による。筆者に言わせれば「子供」と「子ども」とは別の概念だ。小児または小児らを指すのが「子供」で、「子ども」は「子+複数を表す接尾語ども」を表す書き方だ。-
「はれ、ときどきぶた」シリーズで知られる児童文学作家の矢玉四郎さんのサイト。「子ども教の信者は目をさましましょう」
  毎日新聞の記事より ―「はれ、ときどきぶた」シリーズで知られる児童文学作家の矢玉四郎さんは、「子供」派だ。6年前に、文章の中の「子供」が、出版社の編集者に「子ども」に変えられたのをきっかけに、表記について調べ始めた。戦後まもなく創刊された雑誌のタイトルは、「子供の科学」「子供の時間」「子供の広場」など「子供」ばかりだ。それが、ここ20年ほどで「子どもの読書」「子どもと教育」など「子ども」がどっと増えた。矢玉さんは「教育現場では『子ども』と書くように強要されることも多いらしい。お供の供だからダメ、というような誤った考えで、『子供』が 排除される状況があるのはおかしい」と話す。-産経新聞の記事より-日本共産党への質問状に対する党中央委員会の回答というものが載っている。それによると「しんぶん赤旗」で七〇年代後半から「子ども」という表記をしているのは、「民主主義と人権の運動のなかで子どもは、戦前のように、おとなの『お供』でも、神仏の『お供え』でもない、人権を持った人間だという考えにもとづいています」ということだ。-
「子ども」表記は日本共産党のイデオロギーを含んだ表記なのである。

⑤人は名前の漢字にこだわる

自分の名前の漢字を間違えられると気になるものだ。「わたなべ」
という名字には、「渡辺」「渡邊」「渡邉」とある。後ろ2つの辺を 書き分けられるであろうか。右に拡大しておく。さらに「邊」や「邉」 には少し違う異字体がある。ある説によると「辺」の異字体は六十五種類あるということである。同じ漢字なのにちがう書き方をするということ
は、文章表記を混乱させるので、異字体はできるだけ整理して同じ字体を使うということが望ましい。しかし、人名や地名、会社名の固有名詞になるとそう簡単に整理するというわけにいかなくなる。

⑥常用漢字表を考えることは、日本の方向を考えることである

常用漢字表とは漢字制限を設け、漢字表記を簡略化するためにある。あなたはそれに賛成だろうか反対だろうか。中国は一九五五年「漢字簡略化法案」により漢字を大幅に簡略化する「簡体字」をスタートさせた。韓国は一九七〇年普通教育での漢字教育を全廃した。(一九九八年に漢字復活宣言で一部復活)
一方、台湾では、現在でも簡略化しない漢字を使っている。日本は今後どの道を歩むべきなのか。常用漢字表を考えることはこれからの日本の方向を考えることなのである。

4.本時指導案

常用漢字から日本の漢字文化の未来を考える

1.常用漢字表

説明1:

常用漢字表とは、「法令、公用文書、新聞、雑誌、法送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字の使用の目安を示すもの」です。
①漢字を少なくする。
②難しい漢字が簡単になる ためのものです。

発問1:

常用漢字表に賛成?反対?一部賛成?

説明2:

その根本思想は、漢字廃止論です。戦後、アメリカ占領政策として漢字、仮名を全廃してローマ字を使うようにという方針が昭和二十一年三月の「アメリカ教育使節団報告書」に書かれます。マッカーサーは漢字の使用を大幅に制限するように文部省に指示しました。その流れの中で作られたのが今の常用漢字表のもとになっている当用漢字表(千八百五十字)なのです。

発問2:

常用漢字表に賛成?反対?一部賛成?

説明3:

そして、現在、文化審議会が常用漢字表の改訂を討議をしています。
今こそ漢字について考えるときです。漢字の未来を自分たちで作っていく必要があるのです。

2 中国、韓国、台湾の漢字事情

発問3:

中国は漢字を極端に簡単にして簡体字をつくりました。例えば、廣がまだれになりました。このような極端の簡略化に賛成しますか?

発問4:

韓国は漢字を廃止しました。日本で今漢字を廃止したらどのような混乱が起きるでしょうか。

同音異義語で分からなくなる。

説明4:

例えば、「あめをまっています」「雨」なのか「飴」なのか分からないのです。韓国でも同音異義語での混乱があるそうです。 台湾では今でも昔の本字を使っています。
日本はどの道を行くべきでしょうか?

発問5:

常用漢字表に賛成?反対?一部賛成?

3 常用漢字表にない漢字

発問6:

次のうち常用漢字表に入っていない漢字はどれでしょうか。「岡」「阪」「鹿」「熊」「虎」「狐」

(全部入っていない。)

発問7:

准教授の「准」は入っている。どうしてでしょうか?

日本国憲法の中で使われているからです。

4 まぜ書き 

発問8:

常用漢字表があるために「拉致」「捏造」が新聞に「ら致」「ねつ造」と書かれたことがありました。どう思いますか?

「へんです。」まぜ書きと言います。

5 名前

発問9:

さいとうの漢字は「斉藤」「斎藤」「齊藤」「齋藤」などいろいろあります。常用漢字表によるとすべて「斉藤」になります。「渡辺」は「渡邉」「渡邊」とその変化。少しだけ違う異字体があります。何通りくらいかけると思いますか?

(38通り)

発問10:

自分の名前を簡単文字にしなければならないとしたらどうでしょうか?

人間は名前の字にはこだわるのです。

6 パソコン、携帯の時代

説明5:

バラを漢字で書ける人?書けなくても携帯メールでは小学生でも打てます。「薔薇」ゆううつのうつを漢字で書ける人?書けなくても携帯では打てます。「憂鬱」

発問11:

本当に常用漢字表は現在でも必要なのでしょうか?常用漢字表に賛成?反対?一部賛成?

説明6:

日本の漢字の未来を自分たちで決定しなければならない時が来ているのです。
常用漢字表に賛成か反対か。一度考えてみてください。

文献・資料

① 漢字の相談室 阿辻哲司 文春新書
② 漢字と日本人 高島俊男 文春新書
③ 日本の漢字 笹原宏之 岩波新書
④ 漢字は日本語である 小駒勝美 新潮新書
⑤ 漢字の用法 角川小辞典
⑥ 文字の骨組み:字体/甲骨文から常用漢字まで 大熊 肇 彩雲出版
⑦ 異体字の世界―旧字・俗字・略字の漢字百科 小池和夫 河出文庫
⑧ 舊漢字──書いて、覺えて、樂しめて 萩野貞樹 文春新書
⑨ 昭和を騒がせた漢字たち?当用漢字の事件簿 円満字二郎 吉川弘文館
⑩ 国語審議会─迷走の60年 安田敏朗 講談社現代新書
⑪ 旧字力、旧仮名力 青木 逸平 生活人新書


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド