TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/06/25 現在)

21421
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6894354 更新:2013年08月23日

「まちづくり親子詩」


提案

現在小学校で4年生に行われている1/2成人式をまちづくりで地域として取り組む。
さらに5倍、4倍、3倍成人式を同時に行う。
10歳の子供と80歳の方が「今まで生きてきて……」と作文を発表する。
そして、まちづくり親子詩として、上の句と下の句を作り合う。
自分が生きてきたまちへの思いを込めて。
先行事例として、しあわせサークルで取り組んでいる三重県太郎生地区での町ぐるみの
1/2成人式は今年で3年目を迎えた。3年前に廃校になった太郎生小学校の元校長、
中林氏と元職員の方とのまちづくり活動である。

1. 三重県太郎生のまちづくり1/2成人式

三重県の津市に太郎生という地区がある。
太郎生と書いて、「たろう」と読む。
物語のふるさとのようなすてきな名前の地区である。
しあわせサークルでは、TOSS三重の先生方や
TOSS奈良の先生方と太郎生地区のまちづくりに
取り組んで、今年で3年になる。
2010年3月に地区で唯一の小学校、太郎生小学校が閉校になった。その最後の校長である中林校長と職員が集まり、2010年の秋太郎生地区の祭りから、二分の一成人式や太郎生に関する模擬授業、子どもTOSSデーを行ってきた。2012年で3年目を迎えた。
2012年は、11月11日(日)、元太郎生小学校の講堂に集まった子供たちと町の人たち。この日は、秋祭りのイベントとして舞台でカラオケ大会や大正琴の発表などが行われる。そのオープニングが1/2成人式なのだ。太郎生地区に今年4年生の子供は3人いる。その全員が保護者と一緒に参加して、舞台で作文を読み、町会長に表彰状をもらうのである。「あなたの人生に大きな光が当たり続けることを祈ります」という感動的な文を町会長が読み上げて、1/2成人を地域のみんなで祝福した。そして、4年生の子どもたちが家族に宛てた育ててくれたことへの感謝の作文を読み出すと会場のあちこちから感動の泣き声が聞こえてきた。作文を読みながら泣く子もいた。
終了後、毎年、私たちのところにたくさんの人が集まってこられる。今年は、毎年お話をするおばあさんが「今朝3時に起きて作った山菜ごはんをどうぞ」としあわせサークル8人分をくださった。かや太郎生という名物のお菓子もくださった。
あるおばあさんは、「私は元太郎生小学校の教師でした」と話された。(後述の授業で親子歌を作ってくださった方である。)
あるおじいさんは、「わしの工房のことを授業で取り上げてくれてありがとう」と話に来られた。大きな病気と闘っておられる。「また来年必ずお会いしましょう」と強く握手をした。
あるおばあさんは、「昨年は私の孫でした。今年も参加しています」と言われた。
「教師が動き人とつながっていくことでまちづくり活動ができる」という向山氏の言葉を実感した。向山氏は言う。「これからの時代は生きがいの時代である。子どもの将来を見据え生きがいのある社会を教育の視点から創造していくことが新しい教師の生きがいとなっていく。」
「向山先生が描いた、地域に戻ってこられるシステムのモデルを太郎生で創りたい」
そう思いながら1/2成人式の取り組みを3年間続けてきている。
来年もぜひという話が出ているらしい。

2.「まちづくり×親守詩」in太郎生

太郎生の1/2成人式では必ずTOSSの教師が「太郎生のまちづくり授業」をすることになっている。今年は私が、「まちづくり親子詩」の授業を行った。大人への思いを子供が5・7・5で表す。それに、地域の大人が下の句(7・7)を付けるのである。
その授業の中でできた作品がこれだ。

太郎生はね やさしい人が
いっぱいだ
大ぼら山と 池之平
(いけのひら)

11歳の子ども(昨年の4年生で1/2成人式に出た女の子)と80歳くらいの女性(元太郎生小学校の教員)がこの親子詩を発表した。上の句「太郎生はね やさしい人が いっぱいだ」を11歳の子どもが作り、その句に対して、下の句「大ぼら山と池之平(いけのひら)」を80歳くらいの女性が作った。2人が並んで発表したとき会場が感動に包まれた。

しあわせサークル和田孝子先生のダイアリーより

【感動の太郎生 二分の一成人式】
中林先生、皆様 TOSS大阪しあわせの和田孝子です。先日行われた太郎生二分の一成人式は、会場全体が感動につつまれる中開催されました。杉谷先生の太郎生模擬授業は、10歳の子どもたちと保護者や地域の方々に向けての親守詩の授業でした。普段は言えない親や太郎生に向けての子どもたちの素直な気持ちが垣間見れました。地域の参加者が、子どもが作った上の句に対しての下の句を作ってくれました。杉谷先生が2人を前に呼び、2人に親守詩を読ませた場面では、何とも言えない太郎生独特の温かさに包まれました。模擬授業が終わって、杉谷先生としあわせサークル員が屋台を歩いていると、次々に太郎生の方々が話しかけてこられました。かじや工房の職人さんは、「授業でかじや工房の写真を使ってくれてありがとう。ぜひ来てください。」と話していました。丸八の女将さんは、まるで杉谷先生やしあわせサークルのために作ってくれたような榧太郎をくれたり、朝3時から丹精込めて作った山菜おこわをくれたりと、とても温かかったです。杉谷先生がしてきた太郎生とのつながりがさらに強化されたような3年目の二分の一成人式でした。焼き鳥屋の方々は、3倍成人式、4倍成人式にノリノリでした!ぜひ来年は3倍、4倍の方々にも作文を書いてもらいたいと、杉谷先生は伝えていました。この1/2成人式が10年、20年と続きますよう、杉谷先生やしあわせサークルは行動していきます。来年も楽しみです。
【日時】2012年11月11日(日)
【場所】太郎生小学校体育館
【内容】 9:50~10:05   太郎生模擬授業(杉谷)
   10:05~10:25   二分の一成人式
【参加者の感想】
太郎生地区町会長
二分の一成人式が本日行なわれ大変感動を致しました。
私たち太郎生地区は現美杉町では生徒の人数は一番多く元気地区です。
しかし段々と少なくなっております。
親から子 ― 子 ― 孫へとつなげて行く事が一番大事だと思って居ます。

小学4年生 恥ずかしかった。
小学4年生 緊張はしなかったけど、恥ずかしかった。
小学5年生 いい思い出になりました。家族に対する思いが伝えられて良かったです♪
(4年生の時の二分の一成人式を思い出して)
小学5年生 いい思い出になった。嬉しかった。
(4年生の時の二分の一成人式を思い出して)
成人男性  親守詩の事、はじめて聞きました。これから広がるのが楽しみになりそうです。
成人女性  太郎生のことをよく知っていただいてうれしいです。私は一度太郎生を出て京都で暮らしていましたが太郎生の自然や人が好きで帰ってきました。子供の数が少なくなって寂しい思いもありますが一人でも多く、太郎生のよさを知って、帰ってきてくれればいいなあと思っています。今日は、親守詩の授業、二分の一成人式楽しかったです。杉谷先生ありがとうございました。来年も機会があれば、杉谷先生のお話しききたいです。
【小学4年生の子供の親より】
①今日はお世話になりました。 昨日からYは作文を読む事すごく心配していました。今朝もため息をついたり、いややなぁとか言っていました。でも、時間がくると「頑張るわ」と言って行きました。Yの作文を聞きながら、涙が出てきました。内容がとても素直に書かれていて、あの子は普通の子供よりとても繊細で感じる子供なので、おばあちゃんの事もよく見ているなぁと思ったり、太郎生小がなくなり、今までの二人の間の色々な事が頭をよぎったりしたからだと思います。Yは家に帰ると、とてもほっとした気分になったみたいです。今日の事は、とてもいい経験になったと思います。 自信にもなったし。
②今日はありがとうございました。疲れたのか早く寝ました。毎日一緒に居る親子が 改めてお互いの事を思うという事がないと思います。でも、こういう機会を与えて下さって、とてもよかったと思います。作文の中で時々お母さんを困らせるような事をして心配をかけてごめんなさい。とありますが、あの子なりに色々考えていたんだなと思いました。お世話をおかけしました。今日は Yにとって 成長したと思いますが。

向山洋一氏からのコメント

素晴らしい実践だね  何年もの継続した努力の結果だよね

3.「まちづくり親子詩」の授業

指示1:

「太郎生」読みます。

説明1:

(たろう)みんなが住んでいるまちです。いいところで先生は大好きです。

説明2:

中林校長先生。知っていますか?みんなが1年生の時になくなった太郎生小学校の校長先生ですね。この中林先生と仲良くなって杉谷先生は、太郎生に来るようになりました。

説明3:

太郎生ってすばらしいところだなと思います。
(ほたるなどの自然・お菓子かや太郎生・かじや木の工房・人がみんななかよし)

説明4:

話が変わります。今日は親守詩を作ってみましょう。親が子に歌うのが子守唄。
子供が親への思いを書くのが親守詩です。今日は太郎を入れて「太郎生はね○○○○お母さん(お父さん)」で作ってみましょう。

指示2:

発表してもらいます。

「太郎生にね、なつみがいるよ お母さん」

指示3:

地域のみなさん。子どもが作った歌「太郎生はね やさしい人が いっぱいだ」に下の句を付けてください。

→「大ぼら山と池之平(いけのひら)」 

指示4:

お二人で読んでもらいましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド