TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/18 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1684629 更新:2013年08月22日

明日からだれでもできるワザ


「配布」で統率する

授業開始時刻を過ぎているのにザワザワしている。こんなときにどうするか。
私は、

お手紙やプリントを配布

することがある。以下の一言を言うだけで、静かになる。

指示1:

静かな列から配ります。

「静かにしなさい!」
と叱る必要はない。穏やかに、ちょっと低めの声で言う。
これだけで、半分は静かになる。
子ども同士で声をかけ合い、残りの半分も静かになる。
聞いていないようであれば、再度繰り返し告げる。

配布物は毎日のようにある。
子どもは基本的に好奇心の塊だ。その好奇心を利用する。
大したことのないプリントなのだが、見たいのだ。

10、20回と繰り返すと、自然と落ち着いた雰囲気になっていく。
新卒の先生や、荒れている学級の先生には特に試してほしい。
こちらは穏やかに言うだけ。子ども達は自然と落ち着いてくる。

配布物は教師が配る物と思い込んでいる教師が多い。
様々な方法を知ると、「配布」で統率できるようになる。

指示2:

学習の準備ができた人から撮りに来ます。

というパターンもある。
殺到しないように配慮する必要がある。
配布物が多いときには、教壇などに種類ごとに山にする。
子ども達を一列に並ばせて、自分でとらせる。

指示3:

4種類あります。

などと、数を告げてくとミスが少ない。

さらに別の方法もある。
一番前の席の、一番は氏の子に、全てごそっと渡す。
子どもは、列の人数分だけ取り、隣に渡す。
隣の子は、列の人数分だけ取り、さらに隣に渡す。
教師は何もしなくても、全体に配布できる。
余ったお手紙を入れておく棚を指定しておくと、なおスムーズだ。

学級の状態が安定してきたら、このように徐々に教師の手を減らしていくと良い。

提出書類等を「回収」する技術

「回収」の技術もある。
提出書類等を回収するときに使える方法を紹介する。

事務室にある使用済みの封筒をもらっておき、学級名簿を貼る。
子どもは提出書類を封筒に入れたら、自分の名前の欄に丸をつける。
だれが出していて、だれが出していないのか、一目瞭然である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド