TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/21 現在)

21503
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2028952 更新:2013年08月21日

やんちゃのルール違反をさらなるやんちゃで切り返す方法


やんちゃのルール違反をさらなるやんちゃで切り返す方法

黄金の1週間などを経て、クラスが安定しても、チョコチョコとアドバルーンを上げてくるのがやんちゃ坊主である。
このやんちゃに対し、いわゆる「真面目に指導」を繰り返すとやんちゃ坊主は、教師に反抗するようになる。
ユーモアで、しかし、毅然と切り返し、「この先生には敵わない」と思わせないと彼らを上手に指導はできない。
給食中のやんちゃ対応の事例を紹介する。

【給食中のルール違反】

この日は、こどもたちが大好きなカレーだった。
やんちゃ坊主が、気の弱い給食当番の子に、「俺のを多くして!」と勝手に要求して、自分の分だけ大盛りに増やしていた。
クラスでは、給食は全員が少なめによそい、お代わりは全員のをよそい終えてから、私からもらい受けることになっている。
食が細い子が後で大量に残して残飯が増えるのを防ぐためである。
また、教師がお代わりを調整することで、子供同士の力関係で、もらえる量に不平等が生じないようにする配慮である。
クラスのルールとして、4月の黄金の1週間で、子供たち全員に周知してあるルールである。
これを、やんちゃ坊主がズルして破った訳である。
こういうところを見逃すとクラスがほころびる。

「給食中のやんちゃへの切り返し」その1

ルール違反はルール違反なので、この子には、きっぱりと今日のお代わりの禁止を命ずる。

ルールとマナーの違いは、予め子供たちには指導しておく。
ルール(法)は破ると、マナーとは異なり、罰則規定がある。
当然、お代わりの禁止を命じる。
しかし、これだけだと、内心、「別に、俺はズルしてちょっと増やしてもらったからいいよ!」と、思われる。
そこが、やんちゃの逞しさである。
続いて、2の手を打つ。

「給食中のやんちゃへの切り返し」その2

全員の配膳を終えてから、お代わりしたい人を呼んで、これみよがしに大量に盛ってやる。
やんちゃ坊主は、お代わり禁止だから、大量にはもらえない。
やんちゃ坊主に、向けて、次のように笑顔で言う。

なぁ、○○君(違反したやんちゃ)、ルールはちゃんと守った方が得だろう(笑)?

やんちゃ坊主は、「うん…(苦笑)。」と答えていた。
これ以降、彼は、お代わりでズルをすることはなくなった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド