TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/20 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320020 更新:2012年12月04日

私が進める褒め言葉BEST5


バレーボールの根室地区大会が行われた。 
私が指導するチームは連覇を果たし、東北海道大会への出場権を獲得した。
試合中と試合後のミーティングで使った「ほめ言葉」を紹介する。

1.「さすが、エース!」

 バレーボールはエースアタッカーの活躍なくては勝てない。
 それだけに、エ ースにかかるプレッシャーは他の選手の比ではない。
 ミスをしても勝利に向かってアタックを打ち続ける精神的な強さが要求される。
 試合終了の挨拶が終わった。
 私はこの言葉でエースを迎え入れ、固い握手をした。
 エースの顔には自信がみなぎっていた。

2.「それは失敗ではない」

 サーブは狙って、しかも強く打つように指導している。
 当然、失敗も出てく る。
 サーブの失敗は、相手チームの1点となる。
 悔しそうな表情で自分のポジ ションに戻る選手に、私はベンチから立ち上がってこの言葉を伝える。
 練習通 りプレーしているのだから仕方がない。
 選手は大きく頷き、気持ちを切り替え る。
 勝負に集中する選手の表情は輝いて見える。

3.「次の目標ができたね」

 地区優勝は、1つの通過点でしかない。 
 まだまだ強いチームが北海道にはた くさんある。
 そうしたチームへの挑戦権を獲得しただけのことである。
 目標の達成は、新たな目標を生むことになる。
 部活も、学級経営も基本は同 じと考える。
 こうした向上心を大切にしたい。

4.「先生はみんなを誇りに思う」

 生徒会長、学級委員長、専門委員長など、学校・学級のリーダーが部員にはたくさんいる。
 バレーボールだけが強ければいいわけではない。
 コートの外で の充実した生活がチームワークを決める。
 決して運動能力が高い選手ではない。
 学校生活のすべてに全力を尽くす姿勢を、私は普段から高く評価している。
 試合後のミーティングは、この言葉からスタートした。

5.「練習は嘘をつかない」

 この言葉は小島元全日本(女子)監督からいただいた色紙に書かれていた言葉である。
 この色紙は、私の部屋に飾ってある。
 この言葉をことあるたびに選手に伝えて きた。
 優勝は選手に練習の大切さを再認識させてくれる。
 試合後のミーティン グも、この言葉で締めくくった。
 「練習」を「勉強」に置き換えれば、学級指導でも使える言葉である。


2回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド