TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/18 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320515 更新:2012年12月03日

中学校3年生「黄金の3日間」に伝えること(1) ~『3月にできたことを4月もできる』~


4月7日、私にとっては16回目の新学期でした。
16年前に本別海で教員生活をスタートさせた時も、7日のような穏やかな朝でした。この時期になると、不思議なことに当時のことを思い出します。海の香りがする本別海が、とても懐かしく思いました。同様に、始業式の朝は《初心に戻らなければ…》という思いが込み上げてきました。「初心を忘れずに、1年間頑張ろう!」と自分に気合いを入れて、学校へ向かいました。

6日の夕方、誰もいない教室を一人で掃除をしました。卒業までの1年間、思い出を刻む教室を大切にしたいと思ったからです。床をはき、机を雑巾で拭きました。その後、天板の痛み具合を点検しました。
荒れた学校では、新品の机やいすが3日で壊されます。いすの背もたれが曲げられ、天板はカッターや彫刻刀で傷つけられます。ひどい状態になると、天板に穴が開けられます。C組にあった29個の机の天板は、それもきれいでした。傷は1つもありませんでした。こんなことからも、落ち着いた学級の雰囲気を知ることができます。

板を雑巾で水拭きし、次のメッセージを書き込みました。
進級おめでとうございます
中学生活最後の1年間のスタートです。
価値ある1年間にしましょう。
先生は8時半過ぎに来ます。
中学3年生らしい姿で待っていてください。
                 担任 染谷 幸二

最後に、掲示板を確認しました。掲示板には画鋲の釘の部分だけが残っている場合があります。以前、受け持った学級で、初日から画鋲の釘の部分で指をけがした生徒がいました。C組の掲示板にも、3個ありました。技術準備室からペンチを借りて抜き取りました。

始業式の当日、職員の打ち合わせが長引いて8時35分に教室に向かいました。3年生の教室は1階です。しかも、C組の教室は職員室から最も近いところにあります。職員室から10秒もかかりません。教室の後ろのドア越しに見たところ、静かに読書をしていました。《朝自習→朝読書》という流れがきちんと定着していました。新学期というと、どこか浮ついた気持ちの生徒がいるものです。3月まではできていたことが、崩れてしまっていることがあります。
これでは、進級した意味がありません。

3月にできていたことが、4月もできる。

当たり前のことですが、実は大切なことだと思っています。実は、この日の放課後、全校生徒の靴箱を点検しました。学級通信に何度も書いていますが、靴箱を見ればその学校、その学級のレベルがわかります。これは、私が教員1年目の時、当時の校長先生に教えられたことです。C組は完璧でした。立派だと思いました。こうした小さな部分まで心を配ることができるのですから…。
 
残念ながら、上靴を所定の場所に置いていなかった生徒が2名いました。いつもは上靴を職員室に持ち帰るのですが、初日なので、私が所定の位置に戻しておきました。更に、部活用のシューズが靴箱に置かれていました。
親に買ってもらった道具です。新品だったので、1万円以上するはずです。部活動ができること、靴を買ってもらえることに感謝する気持ちを育てなければならないと思いました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド