TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/15 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1790954 更新:2013年08月18日

教務の仕事術 年間職員会議議事録一覧をつくる


教務主任になったら職員会議の準備が必要である。昨年度までの職員会議議事録を探そう。職員会議が年間14回行われるとして,それぞれの会議で「何を,誰が提案するか」把握しなければならない。それを元に職員会議議事録一覧を作成しようょう。

Image1

1 2年間分の議事録に目を通す

1年間分だけの議事録だけでは,内容に漏れがあるかもしれない。運動会のような大きな行事は綴られていても,たとえば保護者会はどうなっているのか?昨年度にはなかった資料が,一昨年度には出ていたという場合もある。

2 レジュメをコピーする

各職員会議のレジュメの項目を,第1回目から最後まで全部書き写す。私の場合はExceに書き込んだ。
これをすることで,1年間の流れがわかってくる。
書き写しながら提案された文書の内容をちらっとでも見ておくと,後になって役に立つ。

3 担当者を記入する

書き込みながら,同時に現在の校務分掌における各担当者の氏名も書き込んでしまう。
これをすると,「体育主任はA先生」「安全担当はB先生」と校務分掌が自然に頭に入ってくる。

4 提案時期の訂正

全部記入し終わったら,確定案の時期をチェックして訂正する。たとえば,6月初旬にある運動会の提案を5月末の職員会議にしているようでは取り組みが遅れる。もし,それまでの職員会議に提案された時期が遅いと思ったら,訂正しておく。

5 全職員へ配付

年間の議事録が完成したら,管理職に見てもらって職員に配付する。これを見れば,新しく担当者になった職員は,自分が何時の職員会議までに提案文書を作成すれば良いかがわかるので感謝される。職員会議議事録一覧は4月中旬までに配付し終えると都合が良い。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド