TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/19 現在)

21456
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8789710 更新:2012年12月03日

太平洋戦争は自衛戦争か


泥沼化する支那事変。
中国大陸の支配をもくろむ米国は支那事変に介入する。
その上,米国は石油や鉄等の資源の対日輸出を禁止した。

石油が無ければ日本の産業は壊滅し国民生活も立ち行かなくなる。
「石油禁輸は宣戦布告を意味する」とムッソリーニは述べた。

日本は活路を見出すべく米国と交渉するが捗らず。
その間,欧米の軍備は着々と中国大陸及び日本周辺に整備される。
昭和16年11月,日本は米国の最後通牒,通称ハル・ノートを受け取った。
その内容は日本に,日露戦争以前の状態に戻る事を指示したものである。
日本の首脳陣はこの通告を読み目の前が真っ暗になったという。

当時の日本が置かれた国際情勢を子供達に知らせ,
大東亜戦争が自衛戦争だったかどうかを考えさせる。

指示1:

(●文字「自衛」提示)「自衛」 読みます。さんはい

説明1:

「自衛」とは「自分を守る」という意味です

発問1:

(●文字「自衛戦争」提示)「自衛戦争」....どういう意味ですか

説明2:

自分を守るための戦争ですね。
自分の国を守る戦争という意味もあります

説明3:

(●写真「真珠湾攻撃」提示)昭和16年から始まった太平洋戦争

発問2:

太平洋戦争は,日本にとって自衛戦争だったと思いますか

指示2:

自衛戦争だったと思う人? 自衛戦争ではないと思う人?

説明4:

今日はこの事について考えます

発問3:

太平洋戦争で日本が戦った国は何処ですか。一つあげるとすれば(アメリカ)

説明5:

(●「世界地図」提示)アメリカはヨーロッパから移り住んだ人々によって出来た比較的新しい国です。
独立した頃,世界はほとんどヨーロッパの国々の領土でした。
アメリカはヨーロッパに遅れて領土を広げ始め,中国に迫りました

説明6:

その頃,日本は中国と争っていましたので,アメリカは中国の味方をします。
そして,日本へのある物の輸出を停止しました

発問4:

何の輸出を停止したのでしょうか

指示3:

教科書に書いてあります。そこに指を置いてごらんなさい。読みます

「アメリカが日本に対する石油の輸出を停止する」

指示4:

赤鉛筆で線を引いておきなさい

説明7:

(●グラフ「激減する日本の石油輸入量」提示)
日本は石油のほとんどをアメリカから輸入していました。
それが無くなります

発問5:

石油が無いと日本はどうなりますか

説明8:

(●データ「堺屋太一の試算」提示)
石油の輸入が70%減ったらどうなるかをある人が計算しました

指示5:

200日後にはどうなると書いてありますか(一人指名)

「200日後 死者 300万人」

発問6:

石油の輸出を停止されて,日本はどうしたでしょうか

説明9:

話し合いを繰り返しました

説明10:

(●文字「日米交渉日本側最終提案(乙案)抜粋」提示)
日本が出した最終案です。
石油を売ってくれれば日本軍は中国から引き揚げるという内容です

発問7:

アメリカはこの案を受け容れたでしょうか

指示6:

受け容れたと思う人?受け容れなかったと思う人?

説明11:

受け容れませんでした

説明12:

(●写真「援蒋ルート」「フライングタイガース」提示)
その上,アメリカは中国に兵器やお金を送り続けました。
空軍部隊も合流しました。
さらに,アメリカを始めとする連合軍も日本の周りに軍隊を進め,飛行場が51箇所作られました 

発問8:

日本はどうしたでしょうか(列指名)

説明13:

(●写真「真珠湾攻撃」提示)
昭和16年12月,日本はアメリカを始めとする連合国との戦争を始めます

発問9:

太平洋戦争は,日本にとって自衛戦争だったと思いますか

指示7:

自衛戦争だったと思う人? 自衛戦争だったと思わない人?

説明14:

(●写真「マッカーサー」提示)
ダグラス・マッカーサーです。
戦後,日本を占領した連合軍の一番のリーダーだった人です

説明15:

マッカーサーはアメリカに帰国後,公の場で次のように述べています

「従って日本が戦争に飛び込んだ原因は,大部分が自衛のためだったのです」

指示8:

今日のお勉強をノートにまとめておきなさい。

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。
メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)
①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)
※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

【参考資料】
■伴一孝『エネルギーでみる大東亜戦争』
■名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』〈展転社〉
■ASEANセンター『アジアに生きる大東亜戦争』〈展転社〉
■日本を守る国民会議『欧米植民地支配の世界史的展開と大東亜戦争』
■終戦五十周年国民委員会『世界がさばく東京裁判』〈ジュピター出版〉
■歴史・検討委員会『大東亜戦争の総括』〈展転社〉
■渡部昇一『東条英機歴史の証言―東京裁判宣誓供述書を読みとく』(祥伝社)


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド