TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/18 現在)

21503
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1150341 更新:2013年08月15日

病院での応答(田上善浩氏の構想追試)


海外に旅行をしたとき、予想外のハプニングに遭遇することがある。病気もその一つだ。実際の映像と、シンプルな表現を繰り返し練習することで、自然と様々な病状を言えるようになる。

教師が具合が悪いように顔をしかめる。
Oh, no... I feel bad. I have to go to hospital. <クリック>
病院の診察室で、医者が英語でWhat's wrong?と質問してくる。
医者:What's wrong?
教師:Ah~, I ....feel...
教師は、わざと何を言ってよいかわからない仕草をしてみせる。

教師:Oh, no! Let's practice English together!<クリック>

指示1:

Repeat. Headahce( headache)×3、stomachahe( stomachahe)×3,toothache(toothache)×3

腹痛や頭痛などは、聞き慣れない単語であるため3回ほどリピートさせる。

指示2:

Headahce( headache)、stomachahe( stomachahe),toothache(toothache)

リピート練習を繰り返した後は、個別に当てて確認する。

指示3:

Repeat. I have a headahce. ( I have~.) I have a stomachahe.( I have~.) I have a toothache.(I have~.)

指示4:

What's wrong? S: I have a ~.

教師が医者の質問をして、生徒が病状を答える。生徒はどの病状を言っても良い。
 全体で練習した後は、個別に教師が「What’s wrong?」と質問していく。
 その時、教師は元気に質問するのではなく、医者のように心配そうに聞く。
<クリック>

指示5:

Repeat. Fever( fever )×3, cough (cough)×3, sneeze (sneeze)×3.

リピートさせるときは、実際にくしゃみをしているジェスチャーや熱があるジェスチャーを教師がしてみせる。そして、生徒がリピートしているときにそのジェスチャーを行っている生徒をほめる。
<クリック>

指示6:

Fever( fever ) cough (cough), sneeze (sneeze).

このとき、教師はただスクリーン上の絵を指すのみ。
個別に当てて確認する。
<クリック>

指示7:

Anything else? I have a ~. O.K? Anything’s O.K . Anything else?

教師が「Anything else?(他になにかありますか。)」と質問する。生徒はどの症状を答えても良い。
 個別に当てて、答えを確認する。このときも教師は、心配そうな顔で生徒に質問する。
「I’ll try again.」
<クリック>最初に見せた動画がもう一度でてくる。

説明1:

医者:What’s wrong? 教師I have a headache. 医者Anything else?教師 I have a fever. 医者:O.K. I’ll give you some medicine. 教師Thank you.

教師:O.K. I did it!

指示8:

O.K. Let’s challenge. Your turn.(クリックして医者の動画が出てくる。生徒はどの答えを言っても良い。)

指示9:

Any volunteer, come here.

教師:What’s wrong? ( I have a headache.) 教師:Anything else? (I have a fever)
実勢に一人の生徒とロールプレイの練習をしてみせる。

指示10:

Do you have this paper?(医者のセリフが書いてある紙を見せる。)Make a pair. Let’s practice. Ready go!

↓授業で使った紙はこのようなものです。

医者のセリフ

 What’s wrong?
 (ここに病状の絵)

 Anything else?
 (ここに病状の絵)

 O.K.I'll give you some medecine.

時間をとり、ペアで応答を練習する。

指示11:

This pair. Stand up. Please show us.

何ペアか当てて、確認する。

※授業で使ったコンテンツは教科書の絵を使っているため、HPに載せることはできません。

 《先行実践》田上善浩氏Let's eat steak!


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド