TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7948068 更新:2013年08月09日

中学社会実践事例集(地理)


新TOSSランドに登録されている、中学社会のコンテンツを一覧にまとめました。
こちらから、必要な指導案を探すことができます。
ぜひ、ご活用ください!

1 授業開き

   中学1年生の授業開きは楽しく行いたいものです。「中学校の授業は楽しい」という感想をたくさんもらった実践です。
   国際理解の授業にもオススメです。

   4月の授業開きに最適な法則化の本を紹介します。

   中学校全学年に有効。4月最初の授業で徹底すべきことを実践形式で紹介。生徒に徹底させるべきことは授業のなかでやります。

   4月最初の授業で必ず話をするべきことをとりあげました。中学1年生・2年生に必ず話をすることを実践記録形式で紹介します。

2 世界地理

   中学校1年生「地球儀と地図を使って調べよう」の単元での学習です。
   地球儀とメルカトル図法の違いを、それぞれの特徴から理解させる授業実践です。

   世界の大地形を学習する際のキーワードは,造山帯です。日本が含まれる環太平洋造山 帯とアルプスヒマラヤ造山帯の位置を理解させます。プレートテクトニクスも簡単に理解させます。『新しい社会 地理』(東京書籍)使用。

   地理的分野における調べ学習のネタに頭を悩ませている教師が多いようです。
   アメリカ合衆国を調べる場合、私は『ワシントン』『星条旗』『人種のサラダボウル』を取り上げています。

   教科書に掲載されている主題図を組み合わせて仮説を立て,指名なし発表に導きます。
   第16回向山型社会セミナーで実践発表した授業です。

   アジアの学習の導入として行いました。 地図帳や教科書の資料を読みとらせるとさらに効果的です。

   砂漠の都市ドバイが,石油と金融,交易で栄えている様子をフォトランゲージの手法を使いながら考え,学ぶことを通じて,西アジア全体の政治や経済,宗教を学んでいきます。

   世界地理の授業。皆さんは、世界1のリッチマンがどこの国の人か知っていますか?

   ブラジルへ渡った日系人が、どのような生活をしながらブラジルで信頼を得ていったのか、写真やエピソードを使って学習します。
   ※ 教科書の該当ページ→『新しい地理』(東京書籍)p89南アメリカに移住した日本人
   ※ 参考文献『目で見るブラジル日本移民の百年』(風響社)

  授業の導入に国旗を扱うことで、知的な授業をすることができます。

   ヨーロッパの統合を通貨ユーロと資料で理解させます。必要な物は,ユーロ紙幣。できるだけ, バリエーションがあった方がいいです。
   実践では,5 ユーロ紙幣と 20 ユーロ紙幣を持ち込みました。

   寒帯はイヌイットの生活と原始的なイメージですが,定住化も進んでいます。
   その工夫を教科 書中心に写真の読み取りをしながら学習させます。
   授業では,教科書の写真をスキャナーで読みとったものをパワーポイントで提示しました。

3 身近な地域

   「知っていそうで知らなかった」というモノを導入に使うことで、「身近な地域の学習」に対する意欲が喚起されます。
   北海道別海町に伊能忠敬がやってきました。その現場の写真から、授業を開始しました。

   明治初期、北海道の東端・別海町に官営工場が建設されました。
   別海町は「酪農の町」ですが、以前は「漁業の町」として発展してきたのです。

  地形図の学習の導入です。

4 日本地理

   地球儀や世界地図を活用しながら、日本の位置を多角的に考察させます。
   さらに緯度や経度を用いながら、日本の位置を表現することをねらいとする授業です。

   谷和樹氏の「日本のシーレーン南沙諸島」を中学生に授業した追試実践記録です。中学生への配慮も具体的に記載しています。

5 基礎学力の保証

  中学社会科における基礎基本として、どの生徒にも空間認識を育てたい!
  染谷先生が、日頃の授業で心がけている方法を3つ紹介されています。

   単元のまとめや定期テスト前の復習、高校入試対策にお使いください。

  東京都の入試問題過去15年分を分析しました。そこで問題に出てきた都道府県を重要都道府県として位置付けました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド