TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/14 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6434265 更新:2013年08月08日

向山型算数1年生二人の授業記録  くりあがりのあるたし算5時 


1年/算数/繰り上がりのある足し算

1年生二人の授業,繰り上がりのある足し算第5時

百玉そろばんをおこなう。1とび50まで,2とび50まで,5とび100まで,10とび100まで,10の補数。
被加数分解である。文章題である。「たまごが 4こ あります。あとから 8こもってきました。ぜんぶで なんこになりましたか。」

「問題を先生のあとに続けて読みます。」
「すくない方のたまごを指さしなさい。それは何個ですか。(4つです)そうだね。天才。すくない方に4と数字を書きなさい。多い方のたまごを指さしなさい。何個ですか。(8個です)そうだ。すごいな。多い方に8と書きなさい。式はどうなりますか。(4+8です。)その通り,教科書にも書いておきなさい。今日は,この計算のやり方をかんがえてみるよ。」

黒板にこのように書く。二人分ブロックを貼り,式を書く。
○○○○     ○○○○○○○○
4    +    8
「ここに,サクランボを書いて,数字をいれてごらん。」

 二人とも8の下にサクランボを書いていた。加数分解である。二人が書き終えたあと,式を読ませて,ノートに書かせた。
 次に,教科書の宇宙人君の吹き出しを読ませた。「どちらを10にしようかな。」というものである。

発問1:

「4と8どっちを10にすればいいですか。」

二人とも,8だという。
「そうだね。4のうちのいくつを8に持っていけばいいの。(2です)そうだね。じゃあ,サクランボはどっちになる。(4です)今度は,4にサクランボをかいてみよう。」

黒板に出させて,今度は,4の下にサクランボを書かせる。その中へ,数字を入れさせる。加数分解と逆になるので,子どもたちは戸惑っていた。そこは,教えながら進めた。更にそのあと,一人ずつ読ませた。それをノートに写させた。計算スキルの14をおこなっておしまい。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド