TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/27 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5904930 更新:2013年08月07日

五色百人一首「手の場所を徹底させる」


手の場所を徹底させる

何も指導しないと、子どもたちの手は、空中をさまよいます。
さらに、放っておくと、手で札を隠す子も出てきます。
そうなる前に次のように指導します。

 「札をさがす時には、手は体のどこかにつけておきます。手を空中にぶらぶらさせては行けません。」

「手を空中にぶらぶらさせてはいけません。」
だけでは足りません。
どこに手を置くのかも指示します。
どこに手を置いておくのかを指示しなければ、しだいにルールがあやふやになっていきます。
そして、「ぶらぶらしていなければ空中でもいい」という子が出てきます。
向山先生の「最初の指導」のテープでは、次のように指導しています。

手の位置は、自分の手前の机の上において下さい。
手前の机の上です。手を空中ぶらぶらさせないで下さい。
取るときだけ手を出してください。

このことを徹底します。
「あなたは、真ん中についているでしょう。ルール違反です。」
「下じゃないんです。机の上です。」
 また、次のようにも指導しています。
「横についちゃいけないんです。手前です。」
 ルールは徹底させなければなりません。
 そうしなければ、「おもしろくない。」という出す子が必ず出ます。
 ずるをする子が出るからです。
 強く言い出せない子は、「おもしろくない」となってしまうのです。

★☆参考・引用☆★
「A:五色百人一首(初めての指導)」テープ 東京教育技術研究所
「五色百人一首指導の手引き」 東京教育技術研究所


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド