TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/09/25 現在)

21500
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1112216 更新:2013年08月03日

「たんぽぽ」全発問


向山型国語 
新学期の授業開きにとびらを扱う。
常識を変える2年生の授業開き 
基本的に、以下の発問は、ノートに書かせひとり一人チェックします。
討論させたい時は、ノートに書いてあることを発表させます。

発問1:

1 この詩の題名は何ですか。

発問2:

2 「たんぽぽさんってまぶしいのね。・・・・」と、誰が言ったのですか。

「ちょうちょ」と書いてきた子に対して、黙って×をすることが大切である。

発問3:

3 この詩に出てくる人は何人ですか。(登場人物は何人ですか。)

大きなかぶの例を出し、ねこやねずみもお話の中では人と考えることを教える。

発問4:

4 それは誰と誰ですか。 

発問5:

5 中心人物(主役・主人公)は誰ですか。

桃太郎を例に出し、中心人物の定義を話す。

発問6:

5 それはなぜですか。

発問7:

6 おひさまの子どもは誰ですか。

発問8:

7 ちょうちょうが聞いたことに対して、たんぽぽは怒りましたか?笑いましたか?泣きましたか?どうしましたか?

8 【うふんとわらった】は、「はい」という返事ですか。それとも「いいえ」という返事ですか。

発問9:

9 それはなぜですか。

この発問で子どもたちの素晴らしい意見がたくさん出てきた。
  「はい」派  : 形が似ている, 同じ色, 
  「いいえ」派 : 種が違う, そんなはずない 

発問10:

10 この詩を書いた人は誰ですか。

この発問で逆転現象が起こった。
この発問で×をもらうこと(間違えること)に抵抗を感じている子たちをリラックスさせることができた。
この答えは、「まどみちお」である。教科書に書いてあります。クラスの中で必ず見つける子が出てきます。
                                       天才の出現です。 
このようなとびらの扱いは、授業開きとして有効であると思います。
今までの常識が覆されることばかりだからです。

以上2002年度,2003年度の実践より


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド