TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/24 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1700057 更新:2013年07月31日

児童書大好き!


1 へんてこもりのコドロボー たかどのほうこ 作・絵 偕成社  低・中

おすすめ度・・☆☆☆          900円(税)
<おはなし>
そらいろようちえんの裏に、こんもり茂った小さな森があります。みんなは「へんてこもり」と呼んでいました。しりとりをしていて出てきた不思議な生き物「まるぼ」と、お菓子のある原っぱに、歌いながらスキップをして向かうのですが、歌を間違えると「コドロボー」にさらわれてしまいます。
<子供たちの反応は>
歌を加賀谷が作曲して歌うので覚えてしまいます。「はずむよ、ポン!くすっ」で「ポンクス」というコドロボーが出てきたり、「イタアタもち」という自転車に乗ったお供え餅のような生き物が出てきたり、とにかく意外な展開、おもしろい名前の登場人物なので、大爆笑。
<作品ひとくちメモ>
「へんてこもり」のシリーズは現在までに3刊出ています。
・へんてこもりへいこうよ   ・へんてこもりのなまえもん  

2 ぬいばりだんなとまち針おくさん 土橋悦子 作 長新太 絵 福音館書店 低・中

おすすめ度・・☆☆
<おはなし>
ある針箱に縫い針とまち針の夫婦が住んでいました。ある日のこと、縫い針だんなが糸にこぶを作り終わったとき、うっかり足を滑らせて床に落ちてしまいました。縫い針だんなは次の日になっても帰ってこないので、まち針おくさんが勇敢にも探しに出かけます。
<子どもたちの反応は>
細くてちょっと頼りないだんなさんをさがして掃除機やゴミ置き場まで行ってみるまち針おくさんを好意的に見ていたのは、やはり女の子でした。気に入って購入したクラスの人気者の女の子がいました。
<作品ひとくちメモ>
繊細な仕事が得意だけど、ちょっぴり頼りないだんなさんをおくさんが助けに旅に出るという話はきっと、昔はなかったでしょうね。女性の強い現代を象徴しているようなお話ですが、楽しいですよ。

3 ぞくぞく村のミイラのラムさん 末吉暁子 作 垂石眞子 絵 あかね書房 低・中
4 ふらいぱんじいさん 神沢利子 作 あかね書房 低
5 おばけちゃんとむわむわむう 松谷みよ子 作 あかね書房  低
6 おしいれのぼうけん 古田足日 作 田畑精一 絵 童心社 低
7 きりつ れい おやすみなさい ふくだ すぐる 作・絵 低
8 とりかえっこのにちようび  いそみゆき 作・絵 ひさかたチャイルド 低

とりかえっこのにちようび
40ページ             1000円(税別)
<おはなし>
日曜日。今日も朝からママは「かたづけなさーい!」と怒っています。「日曜日くらい、怒るのはおやすみにしてよ」と僕が言うとママは、「日曜日くらい、ママをお休みにしたいわ」と言って「みちこちゃん」になってしまいました。僕はパパに、パパは犬のチロになってチロがママになりました。とりかえっこしたものの、みんなすぐに戻っちゃいました。でも、ママは子どもになってとても楽しそうです。
<子どもたちの反応は>
日曜日の朝っぱらから「おもちゃ、かたづけなさーい!まったくもう!」と怒っているおかあさんを見て「うちのおかあさんと同じだ」といった2年生の男の子。でも、お話の中の子どもになったママはアスレチックのてっぺんに乗っちゃったりしてだめというのも聞かないので、びっくりしてはらはらしていました。うるさいお母さんは嫌だけど、お母さんが子どもになっちゃったら困るなあ、というのが本音でした。
<作者ひとくちメモ>
いそみゆきさんは、栃木県生まれで、ちょっとうれしい私。「あらしの夜に」のシリーズでおなじみの木村裕一さんとご夫婦です。

9 天使のいる教室 宮川ひろ 作 ましませつこ 絵 童心社 中

おすすめ度・・☆☆☆          
<おはなし>
1ねん1くみサトパン先生のクラスには、小児ガンと闘うあきこちゃんが入学してきました。病気と闘うためには言葉のシャワーをいっぱい浴びせることが大切と考えたサトパン先生と、1年1組の子どもたちの生活を、先生のお父さんが作ってくれた人形、水木哲平の目から見て書いたお話。
<子供たちの反応は>
4年生に読み聞かせしました。はじめは1年生の話と言うことで今ひとつだったのですが、物語の中に出てくるだいすけくんが学級にいたこともあり、読み進めていくうちに身近に感じるようになったようでした。学級の子どもたちが大好きだった歌「ぼくのひこうき」も作中に出てきて、あきこちゃんのお葬式に歌う場面では一緒に歌い、しんみりしました。
<作品ひとくちメモ>
あき子ちゃんが死んでしまう場面で、加賀谷がぼろぼろ泣いてしまいました。もし、学級にあきこちゃんがいたら・・と思うだけで、胸が締め付けられそうになります。
<続編に>
・天使たちのカレンダー   ・天使たちの誕生会  
があります。また泣いてしまいそうだったので、これらの読み聞かせはしませんでした。

10 びっくりテレビはきょうもニュース いとうひろし 作・絵 偕成社 中

おすすめ度・・☆☆     127ページ  1000円      
<おはなし>
アナウンサーのヒラメとアシスタントのヤマメさんが一日中ニュースをお伝えしています。毎日びっくりするようなニュースばかり飛び込んでくる番組。今日は、なんと空飛ぶ円盤が墜落したというニュースが入り、一日中目が離せなくなりました。しかも、中から出てきた宇宙人は「ドクドクハンバーガー」に買い物に出かけます!!
<子どもたちの反応は>
4年生に読み聞かせしました。ナンセンスな内容が理解できる年齢になっていたので、毎日「今日はここまで」と言うと、「えー!!」とブーイングが起こるほど楽しんでいました。ニュースに出てくるゲストやお天気お姉さんのキャラクターがおもしろいのと、空飛ぶ円盤から出てきた宇宙人の意外な行動に目が離せないようでした。
いとうひろしさんの本は、どれもユニークです。
・ごきげんなすてご  ・ルラルさんのにわ
などは、絵本ですが、これも子どもたちに人気です。

11 車椅子からこんにちは      
12 スーパーばあちゃん 登場! フォレスト・ウィルソン作 生田信夫 訳 わたせせいぞう 絵 くもん出版 中

スーパーばあちゃん 登場!
1068円    おすすめ度・・☆☆ 
<おはなし>
小さくてすっかり年を取って足腰が弱くなったおばあちゃんに、エジソンと言う名の女の子のお父さんが発明した機械からスーパー光線が飛び出し、その光線を浴びたら、さあ大変。おばあちゃんはスーパーばあちゃんに変身し、悪者インベンターを倒しにユーモアたっぷりに冒険に出かけます。
<子どもたちの反応は>
4年生に読み聞かせしました。まるでアニメのように、強者どもをやっつけるスーパーばあちゃんの活躍が生き生きと描かれているので、絵が無くても退屈せずに聞くことができます。続編を図書室から借りてきて読む子もいました。
<作品ひとくちメモ>
イギリスで大ベストセラーになったシリーズです。作者は漫画の原作を書くことが多かったそうです。
<続編>
②空飛ぶ自動車スキマー作戦  ③秘密兵器で危機一髪!  ④スーパー・パワー対催眠術  ⑤レジャーランドの大どろぼう

13 こそあどの森の物語 ミュージカルスパイス 岡田淳 作・絵 理論社 中

198ページ   1500円  おすすめ度・・☆☆        
<おはなし>
ここでもなく、そこでもなく、あそこでもどこでもない、「こそあどの森」。そこには変わった家と、変わった住人達がくらしています。ある日、飲むと自然に歌を歌ってしまうスパイスが発見されてそれを飲んだこそあどの森の物静かな住人達がミュージカルのように、自分の気持ちを歌で表します。
<子どもたちの反応は>
4年生の女の子が「読んでほしい」とリクエストしてきた本です。スパイスを入れたコーヒーのような飲み物を飲むと、みんな歌を歌い始めるのを面白がっていました。長い話なのですが、中盤以降、物語が盛り上がってくるので飽きかけていた子どもたちも、身を乗り出してきました。
<作品ひとくちメモ>
曲がりなりにも、大学で音楽を専攻していた私。作中の歌はすべて作曲して歌いました。今度はどんな曲にしようかな、と読む前に、わずかな作曲能力を使って予習していました。「ミュージカルスパーイス」と3拍子で作ったテーマソングを口ずさんでいることもがいたときにはうれしかったです。
シリーズには2002年8月現在5冊出ています
①不思議な木の実の料理法  ②まよなかの魔女の秘密  ③森の中の海賊船  ④ユメミザクラの木の下で  ⑤ミュージカルスパイス

14 夜にくちぶえふいたなら たかどのほうこ 作・絵 旺文社  低・中

47ページ 1238円(税別)  おすすめ度・・☆☆
<おはなし>
あしたは遠足という夜。ミツオとノンコは胸がわくわくして、なかなか眠れません。ミツオがふざけて口笛を吹いたら、大きな風呂敷包みを担いだねこが、窓から入ってきました。訳合って家出をしてきた「ネコマサ」という名のねこ。荷物の中の団子を食べながら身の上話を聞いていると、なーんとなく怪しい。翌朝、二人が目を覚ますと、リュックからお菓子だけが無くなっていました。
<子どもたちの反応は>
ネコマサの風呂敷が唐草模様でいかにも怪しそう。はじめから「泥棒ねこじゃねーか?」と勘の鋭い子も。ネコマサの作り話がおもしろくて、すっかりだまされそうになるミツオとノンコと、同じ気持ちになって見ていました。
<作品ひとくちメモ>
「へんてこもり」シリーズの作者の、たかどのほうこさんの作品です。楽しいお話ですが、野良猫にとって住み難い世の中になったこのご時世に、一家を養うために泥棒をしている、というミツオ達にあてた手紙に、ちょっと胸が痛みます。

15 キャベたまたんてい      低・中
16 ネコチャンネル   PHP研究所  低・中
17 1ねん1くみいちばんこわーい  低
18 いじめっこがないた  低
19 マヤイのはなやさん 寺村輝夫 作 永井郁子 絵 あかね書房
 低
20 ものしりプクイチ  たかどのほうこ 作 教育画劇 低・中
21 ライギョのきゅうしょく 阿部夏丸 作 村上康成 絵 講談社 低
22 あやとりひめ 森山京 作 飯野和好 絵 理論社 低・中
23 ゆめをにるなべ 茂市久美子 作 土田義晴 絵 教育画劇 低
24 ざしきわらし一郎太の修学旅行 柏葉幸子 作 岡本順 絵 あかね書房 中
25 どれみふぁけろけろ  東君平 作・絵 あかね書房 低
26 ゆうびんやさんはだれ? ルース・エインスワース 作 河本祥子 訳・絵 福音館書店 低
27 おぼえていろよおおきな木 佐野洋子 作・絵 講談社  低


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド