TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/22 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2391073 更新:2012年12月02日

百年後のふるさとを守る(伴実践追試 光村図書5年平成23年度


説明1:

平成23年度版の新教材、河田恵昭著「百年後のふるさとを守る」の指導案です。
伴一孝先生の小学5年国語実践です。
2011.10.2 淡路伴ドリームセミナーで伴一孝先生が模擬授業された発問群です。
最大のポイントは、グループで話し合いをさせ、クラス全員が発表させる組み立てです。

発問1:

それそれの4つの場面にタイトルをつけます。1の場面は、次の中からタイトルを選びます。

説明2:

ア 津波の恐ろしさ
イ 五兵衛の働き
ウ 優れた決断と行動

  グループで話し合いをさせる。それぞれ理由も班の中で言わせる。
  代表者1名が発表する。(通常この発表者はその班の1軍クラス)

発問2:

2の場面にタイトルをつけます。ノートの書きなさい。

説明3:

2の場面では、一人一人に考えさせる場面を用意する。
 まず、自分の考えをノートに書かせて、班で話し合いをさせる。
 次に、その班で1番いいいタイトルを1つ選ばせる。
 さらに、選んだタイトルを黒板に板書する。
 しかし、先ほど発表した人とは別の人に黒板に書かせる。
 ここで登場するのは、班の中の2軍クラスである。
ア 安政聞録と浜口儀兵衛
イ 儀兵衛の知恵と決断力
ウ 「稲村の火」における儀兵衛の行動力
エ その他

ここでは、それぞれ意見の理由を言わせておわり。
 

発問3:

3の場面をタイトルをつけます。ノートの書きなさい。

説明4:

2の場面と同様のパターンでいく。
 まず、自分の考えをノートに書かせて、班で話し合いをさせる。
 次に、その班で1番いいいタイトルを1つ選ばせる。
 さらに、選んだタイトルを黒板に板書する。
 しかし、これまでに表した人とは別の人に黒板に書かせる。
 ここで登場するのは、班の中のいわば3軍クラスである。

ア 世界で初めてのもり土堤防
イ 自らの手で村を再建する村人
ウ 儀兵衛の固い決意に動く人々
エ その他

  黒板に書かれたものには、個別評定を入れる。
  重要なキーワードは、「再建」「自らの手」「村人」
  それぞれの入っていれば、3点。合計10点で個別評定。
  上記以外のキーワードもありうる。
  授業者が決めておけばよい。

発問4:

4の場面にタイトルをつけなさい。

  2と3の場面と同じ手順で進める。
  発表は、これまでやっていない者に命じる。
  ここでは、4軍の登場になる。
  これでほぼ全員が発言したことになる。  
  1番勉強が苦手な子、1番発表は苦手な子も
  班で話し合ったことを伝えればいいのだから、
  できる。

ア 自助と共助の意識
イ 百年後の長期計画の必要性と有効性
ウ 災害後の真の再生とは何か
エ その他

 それぞれ理由を言わせる。
 3の場面で個別評定を入れているので、子どもたちはキーワードを
 探してくるはずだ、かなり、制度の高いタイトルが期待できる。
 4の場面の重要キーワードは、「自助と共助の意識」である。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド