TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/22 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7172578 更新:2013年07月29日

初任研示範授業 理科学習指導案 電池のはたらき 4年


初任研示範授業 理科学習指導案

                               4年2組 2012年6月14日(木) 5校時

                       北諫早小学校 理科専科 善能寺正美

 3 電池のはたらき 
 p37 ふりかえろう 学んだことを生かそう (大日本図書)

 日付とページを板書する。

説明1:

p37、「ふりかえろう」です。まとめの時間です。

教科書の問題を読んで聞かせる。

①次の表の(  )の中に入る言葉や文を考え、かん電池のつなぎ方について
まとめよう。      (p37)

全員に読ませる。
 次の板書をノートに書き写させる。
 見開き2ページを端から端まで使って、次の表を書かせる。

テキストを記入して下さい

Bansyo1

指示1:

括弧の中が書けたら、先生に持って来なさい。

一番に持って来た子に、板書させる。
 分からないでいる子は、板書を見て参考にすることになる。 
 授業の中には、このように、分からない子が、まねをして写したりできるような場面が必要である。
 板書した子に、自分の席で読ませる。
 通常、子どもは、自分で考えた言葉を入れる。
 自分で考えたことをほめた上で、教科書の記述を根拠にすることの大切さを教える。

説明2:

自分で考えたのですね。とてもえらいです。
ここは、まとめのページですので、すでに習ったことです。
    答えが書いてあるページが言えなければなりません。

そして、問う。

発問1:

何ページに書いてありますか?

 このページでは、「説明しましょう」という言い方はされていないが、まとめのページで良く出てくる「説明しましょう」という問題に対応するには、教科書のどの部分の記述のことを問うているのかを確定しなければならない。
 教科書の記述を根拠にすることを教えながら、次のように(  )に入れる。 

Hyou1

 それぞれの子どもが自分の頭で考えた答えではなく、教科書の記述を根拠にすることで、発達障害の子どもにも、安心して授業が受けられるようになる。これは、教師であっても同様である。

 このような表が完成したら、次は、さらに高いレベルの問題になる。

指示2:

これらをつなげて、お話ししてください。「直列つなぎは…」からどうぞ。

次が模範解答である。

直列つなぎは、かん電池1このときとくらべて、モーターの回る速さが速い。
 それは、回路に流れる電流が大きいからである。

 へい列つなぎは、かん電池1このときとくらべて、モーターの回る速さはかわ
らない。それは、回路に流れる電流がかわらないからである。

直列つなぎとへい列つなぎを分けて扱い、最後は、続けて言わせるようにする。
 子どもの発表には、点数を付けて評定する。
「それは~だからである」というように、理由を言うように話が出来たら100点。
 理由を言うようになっていなければ50点。
 子どもが、次々と挑戦してくる場面である。個別評定は、子どものやる気を引き出す。
 
 ②の問題は、短時間で扱う。
 教師が問題を読む。

②次の文はかん電池と光電池のどちらだろうか。
 ア +(プラス)きょくと-(マイナス)きょくがある。
 イ 暗いところでも使える。
 ウ 強い光をあてると、大きな電流が流れる。

 子どもには答えだけをノートに書かせ、発表させる。

板書
 ア (        )
 イ (        )
 ウ (        )

 ア (かん電池と光電池)
 イ (かん電池)
 ウ (光電池)

 次のように言えると良い。

「+きょくと-きょくがあるのは、かん電池と光電池です。」
「 暗いところでも使えるのは、かん電池です。」
「強い光をあてると、大きな電流が流れるのは光電池です。」

最後の「学んだことを生かそう」は、「わけ」を考えるのだから、間違いというものはなく、すべてが答えになるということを教える。
 「なぜ」に対する答えは、無数にあるということである。
 だから、授業では、安易に「なぜ」と問うてはならない。

学んだことを生かそう
 アフリカのさばくでは、病人のための薬を光電池を使ったれいぞうこに入れて運ん
でいる。なぜ、光電池が使われているのか、そのわけを考えよう。 (p37)

考えようだから、いろいろ考えて良い。
 答えを考えてみる。

 さばくは晴れているから、光電池で作った電気で冷蔵庫が冷やせる。
 (雨だと発電できない。そもそも、雨が降るならさばくではない)
 かん電池を使っても良いが、かん電池は光電池より重くなるので、らくだがたい
へんだ。
 (軽い光電池が使えるのはさばくは晴れているからだ)

 要するに、「わけ」の第一位は「そこがさばくだから」である。
 あるいは、「曇らない」「昼間はずっと発電できる」からである。
 要するに【さばくは晴れているから】となる。

 他にも考えられる。
 冷蔵庫が小型になり軽くなったから。
 光電池の性能が良くなりたくさんの電気を作ることができるようになったから。
 充電池(冷蔵庫についていれば)の性能が良くなり、たくさんの電気を蓄えるようになったから。

②の問題で、「強い光をあてると、大きな電流が流れる。」というのが光電池だった。
 このような解答と関連づけるならば、

さばくは「強い光があたる」から。

という答えも考えられる。
 答えを、カチッと確定させたければ、「②を使って答えなさい」という条件を加えれば良い。

 また、砂漠の短所とも言える「晴れている」「暑い」というようなことが、光電池の長所である「光が当たると発電できる」「太陽がある限り電気が作れる」というようなことがうまくリンクしているとうことだ。
 らくだで移動するにも、光電池の軽さが長所となる。
 もしも、乾電池をらくだに積むとしたら「重い」し、乾電池が切れたら使えない。
 このように考えると、次の3つが「わけ」に該当するのではないだろうか。

さばくは晴れていることが多い
光電池は乾電池より軽い
日光が当たると、いくらでも発電できる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド