TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/23 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2210070 更新:2012年12月02日

道徳・ぞうさん


資料なしで1時間の授業が出来ます。お互いの本音を少しでも出せるようであれば、成功の授業でしょう。ノートに簡単に書かせながら進めます。

発問1:

自分の長所は何ですか。三つ書きましょう。

説明1:

なかなか書き出せない場合は、先生が例として言います。
「2学期、まだ休んでいない」
「給食を全部食べた」
「挨拶をちゃんとでしている」
こんな簡単なことでいいんだよ、という例を言います。
書かせた後は発表させます。
一つだけ発表させて、「うんうん。」とうなずいて聞きましょう。

《発表例1》
・遠いところから歩いてくる。
・足が結構速い。
・背が高い方。
・バスケで5番。
・サッカーが好き。
・汗っかき。
・運動会の組頭としてがんばった。
・低学年のめんどうを見ている。
・声が大きい。
・毎日、宿題をしてくる。
・避難訓練が上手に出来た。
・1年生と遊ぶ。

発問2:

短所は何ですか。

説明2:

「これは、発表しなくてもいいよ。書きたくない場合には、書けなくてもいいよ。」
という条件で書かせます。でも、短所の方が書けるものなんです。
「自分の短所は、なかなか人前では言えないものです。でも、発表したい人、いますか?」
と言ってから発表させました。

《発表例2》
・太っている。
・背が低い。
・短足。
・おこりっぽい。
・女の子らしい服が似合わない。
・ほくろがたくさんある。
・背が小さい。
・走るのが遅い。
・泣くことが気に入らない。
・背が伸びない。
・人の話をよく聞かない。
・少し悪い方に考えていく時がある。
・ついお金を使ってしまう。

発問3:

言われると、とっても嫌なことは何ですか。

説明3:

これも(発問2)と同じです。無理に発表させませんでした。
 でも、クラスが成熟してくると、お互いの関係がよくなってくると、自分のマイナス部分も発表できるような気がしています。

《発表例3》
・おなかがプヨプヨ。
・ばかみたい。
・背でか。
・何もしてないのにたたかれる時。
・妹から「ミンミンゼミ」と。
・お前、きらい。
・背が低いんだよ~、アホ。
・ちらちらと見ながら内緒話をされる時。
・ばかとお兄ちゃんから言われる。
・低学年からあだ名で言われる。

説明4:

見た目のかっこいいリスさんが、ぞうさんのところにやってきました。
このリスさん、ちょっと意地悪なんです。意地悪そうにぞうさんに言いました。

発問4:

「ねえねえ、ぞうさん、ぞうさん、どうしてそんなに鼻が長いの。」
さて、ぞうさんは、何と答えたでしょう。

説明5:

「」(かぎかっこ)の中を、思いっきり意地悪そうに言いましょう。

《発表例4》
・そりゃそうだ。
・この鼻が愛らしいと言われるんだ。
・それが自慢なんだよ。
・水を吸い込んでシャワーにできるから、いいのさ。
・そうでしょう、かっこいいでしょう。
・いいだろう、何でもとどくぞ。
・木の実をとれるからいいんだい。

発問5:

「ねえねえ、ぞうさん、ぞうさん。どうしてそんなに耳がでっかいの。」
さて、ぞうさんは、何と答えたでしょう。

説明6:

「」(かぎかっこ)の中を、思いっきり意地悪く言いましょう。
2回目ですので、子ども達どうし、お互いに言わせると盛り上がります。

《発表例5》
・これであおぐと、涼しいぞ。
・遠くの声も聞こえるし、とっても便利でかわいいんだよ。
・お前が小さいんだよ。
・うちわになるから涼しいんだ。
・おれのポリシーなのよ。
・いいじゃないか、よく聞こえて。
・よく聞こえていいのさ。

発問6:

「ねえねえ、ぞうさん、ぞうさん。どうしてそんなに太ってるの。」
さて、ぞうさんは、何と答えたでしょう。

説明7:

もう慣れて来ていますので、面白い考えがどんどん出てきます。ちょっと過激なものも出てくるでしょう。

《発表例6》
・太ってて、悪いか。
・いいんだよこれで。リスさんだって、足短くない?体小さくない?
・そうでしょ。ダイエットしなきゃ。
・草を食べてるからね。
・あんた、やせすぎじゃない?
・これぐらいがちょうどいいんだよ。人も乗せられるし。リスさんはもっと太ったら。
・そりゃそうだ。いっぱい食べるからねえ。

発問7:

さて、実際は何と言ったのか。みなさん、知っていますよね。みんなで答えてみましょう。

説明8:

先生の言葉(歌)の後に、子ども達が答える(歌う)という形を取ります。
「ぞうさん、ぞうさん、お鼻が長いのね。」
     (子ども達)「そうよ、母さんも、長いのよ。」
「ぞうさん、ぞうさん、お耳が大きいのね。」
     (子ども達)「そうよ、母さんも、大きいのよ。」
「ぞうさん、ぞうさん、とても太ってるのね。」
     (子どもたち)「そうよ、母さんも、太ってるのよ。」

説明9:

「みんなにもいろいろ発表してもらって、楽しかったですね。あと7ヶ月で卒業です。中学生になると、もっとたくさんの人と会うことでしょう。その時に、何か気にすることを言われたり、嫌なことを言われるかもしれません、その時に、どうすれば、自分の中にストレスをためないでいられるか、考えてほしかったのです。ぞうさんのように、ユーモアで返して気にしないというのも、一つの方法かもしれませんね.。」

感想を書かせて終わります。

《感想例》
 このぞうさんは、嫌なことを言われても、なんだか聞き流してしまってすごいと思った。
ぼくだったら、そんなことはしないで、「言わないで。」とか言ってしまうにちがいないと思う。

 今回は、前のことを振り返って書いたり、想像して書きました。みんなのを聞いていると、
私もひどいことを言っちゃったことがあるような気がして、反省の心を持ちました。
人が言われると嫌なことを私に当てはめて、言わないようにしたいです。

 他の人の嫌なこと、気に入らないことが分かったので、みんなにもよびかけながら
気をつけていきたいです。みんななかよしの「本西っ子」が一番です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド