TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/22 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235112 更新:2012年12月03日

「心の中にきらめいて」( 田崎はるか作詞 橋本祥路作曲 )の指導法


岡山県中学校吹奏楽連盟 創立40周年記念委嘱作品で、中学生のための愛唱歌として末永く愛されるよう願いが込められた歌。
中間部に用いられたベートーベン作曲ピアノソナタ「悲愴」2楽章のメロディーも美しくてすばらしい。

1. 歌の前3拍使って、たっぷり深く、みんないっしょに息を吸う。
2. 「あの日歌ったメロディー ずっと私は忘れない」ここまでが大きなひとまとまり(フレーズ)ととらえる。

「あの日/歌った/メロディー ずっと/私は/忘れない」と、最初に重心を置いて、言葉がはっきり聞こえるように歌う。以下同様。

3. 「あのひ うたーった」の「たー」を「た<ー」にように、「っ」にむかってすこし大きくするつもりで歌う。

同様に「ずっと」ではなく「ずーっと」と「っ」に向かって歌う。小さなヤマができる。
以下「もらーった」「ずーーっと」も同様。

4.「あのときの思い出は今」の「はー」も、「い」に向かってつなぐように歌う。「い」をポンと乗せるように。

「語り合った」の「ああーった」は上記3に同じ。
「時のように」の「にー」はアルトが動きおわってから、一緒に切る。ソプラノ、男声も「「ようにーいー」のかんじ。

5. 「心の<中に<輝いてー<いつまでも忘れない」とだんだん盛り上げて歌う。

「こっつこーろのーなっかにっかっがーやーいてっ」にならないように、言葉を大切に歌う。「いー」を3拍、きちんと伸ばす。

6. 次の「ラ」の部分がベートーベンの「悲愴」2楽章。

必ず1度は全員で原曲を聴いて、同じイメージを持とう。
音楽の先生か、ピアノを習っている生徒さんにに尋ねれば、たいていCDを持っておられると思います。
「ラ」は舌をはっきり動かして、クリアな発音に。曲想と言うよりも、声の美しさ、ハーモニーの美しさを聞かせよう。基本は、音がだんだん高くなるところはだんだん強く。ただ、女声パート最後の「ラーラララララーラ」は音が下がるけどだんだん強くです。
最後の四分音符の「ラ」を「ラーラッ」としないで「ラーラー」と歌おう。

7. 「あの時の・・・」以降は上記4に同じ。「心を込めて・・・」以降も上記5に同じ。
8. 「いつまでも いつまでも」は、最後の強調(確認)。

発問1:

「いつまでも」何なのですか?

説明1:

「いつまでも忘れない」だと私は思っている。その気持ちを、全員で込めて歌う。「いつまでも」が十分な息で歌えるくらいたっぷりブレスする。または、途中でカンニングブレスする。伴奏と合わせて、ドラマティックに終わろう。

男声をテナーとバスに分ける場合、人数は半々ではなく、バスの方が多めが普通。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド