TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/23 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6912836 更新:2013年07月25日

話す・聞くスキル「ころころころ橋」


TOSS授業技量検定D表に挑戦した際の指導案である。鏡もちの実物を見せ、一つひとつに意味があることも紹介した。

対象:小学3年生

指示1:

 先生のあとについて読みます。

(一文ずつ追い読み。)

指示2:

一文交代読みをします。先生が先、みんなが後。題名、作者はとばします。

「先生、楽だったなー。」

指示3:

交代します。みんなが先、さんはい。

「だんだん、声がそろってきたね。」

指示4:

次は、男の子が先、女の子が後。さんはい。

「男の子は、元気がいい!」「女の子、負けないように頑張って!」

指示5:

 交代します。女の子が先。さんはい。

「もう、スキルを見ないで言っている人がいる。すごい!!」

指示6:

お隣さんと一文交代読みをします。一回読んだら交代します。終わったところは座ります。どうぞ 。

「取り掛かりが早い!」「背筋が伸びてかっこいい!」「終わった人は、座って練習してる!さすが!」

発問1:

 実は、この詩に出てくるものを集めると、お正月にはかかせないあるものになります。何だかわかる人?

(指名する。)

説明1:

 鏡もちです(実物を見せる。サイトでもよい。)もちは、神様の力がこもる。えびは、長生き。しだは、家族が栄 えますようにという願いがこめられています。正月は、春の始まりを意味しています。

指示7:

 最後に、みんなで読みます。「ころころころ橋~」さんはい。

説明2:

 今年1年、すてきな年になるといいですね。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド