TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/25 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4003782 更新:2012年12月02日

忘れもの(伴実践追試 光村図書4年平成23年度版)


平成23年度版の新教材、高田敏子著 「忘れもの」の指導案です。
伴一孝先生の小学4年国語実践です。
2011.10.2 淡路伴ドリームセミナーで伴一孝先生が模擬授業された4つの発問群です。

発問1:

「けさ」とは、何月何日のことですか。ノートに書きなさい

ア 8月31日
イ 9月1日
ウ その他

発問2:

忘れものはいくつありますか。
○つとノートに書きなさい。

ア 1つ
イ 2つ
ウ 3つ
エ 4つ以上

指示1:

3つとも発表してもらいます。

ア セミ
イ 麦わらぼうし
ウ 波の音

 子どもたちは、通常、「さびしそうな麦わら帽子」とか「ぼくの耳にくっついて離れない波の音」
 のような長い言葉を選択する。
 指名の段階で「できるだけ短く」などの助言で言いなおしをさせる。

一連は4行で成り立っています。順番を変えて読むとすれば、どうなりますか。                   

①入道雲にのって
②夏休みはいってしまった
③「サヨナラ」のかわりに
④素晴らしい夕立をふりまいて

①→③→④→②

発問3:

この詩で変だなあと思う所はどこでですか。線を引いてごらんなさい。

線を引かせて指名する。理由も問う。
ア だかキミ!(いきなり聞いているが、キミとは誰のことは不明)
イ もう一度 (夏休みは毎年来るのにもう一度とは言わない。)
ウ さびしそうな麦わら帽子(麦わら帽子ではなくてさみしそうなのは話者)

説明1:

理由がきちんとあれば取り上げる。
 その意見の妥当性についてミニ討論が可能。
 例えば、「もう一度」おかしいか、そうでもないか。手をあげます。
 その理由はノートに書きなさい。 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド