TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235049 更新:2012年12月03日

心の中に(富岡博志・作詞作曲)の指導法 


ある解説書には「北海道の大地を思い浮かべて」とありました。目の前に、美しい夕空が広がるように歌いましょう。

1. 初めの3拍を使って、みんないっしょに 「あ」の口で息を吸う。

吸う音が聞こえるくらい、ゆっくりたっぷり。

2. たたずんで<みあげた<ゆうぞらに   

(書いてないけど)3段階に強くするつもりで歌う。
見上げた夕空をイメージして、空間や距離を歌う。 ここで、広がりのある歌い方が全員でできるようになることが、最初の課題。
「ずー」「あー」「ぞーらー」などの伸ばす音を前にスーッと出すことで、言葉にふくらみが出て、距離感が歌える。
「あー」「らー」のAの母音が浅くなると、ふくらみが出ないので、口の中を開けて、深い発音で。

3. 「ひとつ」は「ひーとーつー」よりも、「ひーっとーっつーっ」と歌うほうが、私は好き。
4. 「たたずんで・・・・ひとつ」までの長いまとまり(フレーズと言います)を感じて、緊張感を持って歌う。
5. 「ふりかえり」のFU、HU、子音を長くはっきり、「うりかえり」になりやすい。

ふりかえり<思い出す<遠い日々  3段階

6. 「遠い日々(クレシェンド)vいつも」

「びー」を盛り上げて、一瞬でガバッと息を吸う。

7. 「いつも輝いてる」はブレスをしないで、一息で歌う。
8. 「こころ」の「こ」はKHOというつもりで、子音を長くはっきり。

「なかに」のAの母音は、口の中を開けて、深い発音で。ぺったんこだと中になにも入らないでしょう。「心の中に」この曲の大切なキーワードです。

9. 「遙かな」から男女がずれて歌う。

言葉の最後を長めに伸ばす。語尾で男女が重なる部分が美しいのだ。
「遙かな」「遠い日から」音を前にスーッと出すことで、言葉にふくらみが出て、距離感が歌える。
いっしょに歌う部分からは、心を合わせて、「いっしょ」に歌おうとする意志を持って。
 「ひとつ」の「つ」ですーっと声を出して盛り上げる。

10. いつだって<この思い<忘れない  

3段階+「だからー」 4段階と思って盛り上げる。「だからきらめくのさ」はブレスをしないで、一息で歌う。

11. 「いまこそ」から曲想が変わり、伴奏が変わり、どんどん盛り上がっていく。

男女別々の歌詞だが、どちらもとっても大切。

12. 「明日の風を」をキュッとppに弱くして

明日の風を<心に受けて<今旅立ちの<時 4段階のつもりで

13. 「一歩ずつ」からは、気持ちよくのびのびと歌おう。

「時の流れ超えて」はブレスをしないで、必ず一息で歌う。

14. 「道は続くよー」の「よー」でを伸ばすパートは長めに。

動くパートといっしょにブレスをするつもりで伸ばすとそろう。
「よーー」と動くパートは、大きめにはっきり動く。ここの和音が美しく効果的なのだから。

15. 「こころの中に」は、なー<かー<にー のつもりで。

「にー」はこっそり息継ぎ(カンニングブレス)してもよいから、十分に伸ばす。

16. 最後のピアノを聴きながら、全員で夕空がを目の前にイメージする。

みんなで心をひとつにすると、合唱は、強弱だけではなく、距離も情景も表現できるんです。
・たたずんで見上げているのは誰?
・たたずむとはどうすること?
・「ひとつ」のあとに省略されている言葉は何ですか?
・「心の中に」どうしていると書かれていますか。
・「夕空にまたたいている星がひとつ」の季節はいつ頃?時間帯は何時頃?
 歌詞についてみんなで考え、同じイメージをもって歌うと、その思いは必ず聴いている人に伝わるはずです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド