TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/19 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1948455 更新:2013年07月20日

1年生漢字スキルユースウェア 時間差が生じない漢字スキルユースウェア(4日目)


時間差が生じない漢字スキルユースウェア(4日目)

                     法則化オホーツク:角田俊幸

 1年生、漢字スキルの4日目です。
 1回目のテストをおこないます。
 子ども同士でマル付けをした後、教師も確認します。
 間違えた漢字の練習をしっかりさせることがポイントです。

 漢字スキル、3番のテストを切り取ります。
 切り取った人は、名前を書きなさい。
 名前を書いた人から始めます。

※教師は、机間巡視をする。
 ※送り仮名の書き忘れのある子がいる。
教:送り仮名を書かないといけない、問題もあるよ。
教:できた人は、きちんと見直しもする。止め、はね、はらいにも気を付けるんだよ。
 ※時間は3~5分程度。書くのがゆっくりな子もいる場合、柔軟に時間を調整する。

 時間です。
 スキルしみながら、丸付けをするんですよ。
 丸付けが終わったら、先生に見せにきます。
 それでは、お隣近所と交換をして始めてください。

 ※丸付けのあと、教師が確認をする。
  「厳しく丸付けをしなさい。」というとほんのちょっとの違いでも丸を付けない子がいたり、間違えている漢字に丸を付ける子もいる。
 それらは、教師がマルやバツをつける。

 全部マルだった人は、裏に何も見ないでもう一度書いてご覧。
 間違えた漢字のある人は、裏に練習をします。
 裏が漢字でいっぱいになるぐらい練習しなさい。

 ※間違えた子の練習の時間はしっかりと確保する。
 ※練習が終わった子は、テストをスキルにはさんで、教科書の音読などをする。

今日のマルの数を聞きます。○○さんから順番に発表してください。

子:5こ。5こ。4こ。・・・・。
 ※点数で言わせるより、マルの数のほうが、混乱が少ない。
 ※点数もその場でチェックできる。
 ※その時の出来不出来によるが、時間は10分から15分程度である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド