TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/26 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9612256 更新:2013年07月19日

1年生漢字スキルユースウェア    右のページ新出漢字半分(2回目のテスト)


時間差が生じない漢字スキルユースウェア(1日目)

                              法則化オホーツク:角田俊幸

1年生、漢字スキルの1日目です。

 一斉に筆順を唱えながら書くことで、時間差はほとんどなくなります。

 教育出版の教科書に対応した漢字スキル、1年生3学期3番を例にあげて紹介します。
(2回目のテストはここでは省略)

 漢字スキル3番を開きます。
「文をつくりましょう かきたいことをおもい出して」
 新しい漢字、右から読んでご覧。さんはい。

子:おう、はな、ゆう、じ、ただしい、しょう
  ※まだスキルを開いていない子の時間調整も兼ねている。

 その下も読みます。さんはい。

子:おうじょさま、こくおう、・・・・しょうがつ。
板書:王
教:王女さまの「王」、漢字の三に縦棒がつきます。
  横縦横横と書きます。
 一番長い横棒は何画目?
子:4画目。
教:一番短いのは?
子:3画目。

 そうですね。それでは先生に向かって、空書きをします。

 ※教師も一緒におこなう。
子:イチ・ニィ・サン・シィ
教:上手だなぁ。ちょっと早くするぞ。
 ※同じように空書きをする。
 だんだん早くして、3回ほど繰り返す。

 はい、指書きしてご覧。

教:スラスラ書けるように何度も書くのですよ。
教:○○君は、しっかり画数を言いながら書いている。立派です。
 ※書く時に、筆順を唱えさせる事はとても重要である。

 鉛筆を持って、なぞり書きをします。用意、さんはい。

子:イーチ、ニー、・・・シィー
 ※教師も筆順を唱えてあげると揃ってくる。
 ※同じペースで書くように徹底する。(正しい筆順で書くことができる。)
教:先生と同じ早さで書けた人?スゴイなぁ~。
教:2つめ書くよ。用意、サンハイ。
 ※同じように一斉に「なぞり書き」「写し書き」をする。

 最後のひとつは、自分の早さで書いてご覧。

※きちんと筆順を唱えさせる。(これは、しつこいぐらい徹底する。)
※同じように、「花」「夕」もおこなう。

 ほぼ同時に漢字スキルを終了することができる。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド