TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5764412 更新:2013年07月20日

天才シリーズで楽しく詩を作る


「短い言葉で書こう」(光村図書2年下)

      ~天才シリーズで楽しく詩を作る~

                               栃木県    皆川 大子

この実践は、平田千晶先生の「天才シリーズで楽しい詩作り」(TOSSランドナンバー 112194) の追試です。

なぞなぞ問題です。 

次の文をスクリーンに映す。(実際は縦書き)

○○○
 ジャンプの天才だ 

ジャンプの天才だ。答えは3文字。何でしょう。 

 3~4人に発表させる。同じ意見の子は手を挙げさせる。

みんなが言ってくれたの全部ジャンプが上手だよね。どれも正解。先生は、かえるにしました。

 かえる以外の考えの子も認める。

次は、難しいよ。 

○○○○
 おしゃれの天才だ。 

答えは4文字。わかった人? 
ヒントほしい人? わかったという人はすぐに手を挙げてね。 

  難しく、答えはでないと思われるので、少しずつヒントを与えていく。

次の問題です。 

○○○○○
  おいしいものを作る天才だ。

これは、家族のことを書いたものです。誰だと思う? 

 すぐに指名。でたものと違う人を考えた子の意見も聞き、字数があっていれば、すべて認めていく。

先生は、おかあさんにしました。 

○○○○○
  力もちの天才だ 

これは誰だろう。これも家族の中の誰かです。 

お父さんと同じようにいろいろな意見を認めていく。

このように、みんなも自分の家族で作ってみよう。

 机間巡視をしながら、できている子の作品を読んで、できていない子が参考にできるようにする。

一人できた人は、他の家族も作ってみてね。 

 同じ題材で違った表現のものを机間巡視をしながら見つけ、紹介していく。

まだの人もいると思いますが、全員鉛筆を置いて。
短い時間なのに上手に書けている人がたくさんいました。○○さん、発表してください。 明日は、家族みんなの分を考えてもらいます。何の天才か今日、よく見てきてね。 

次の日は、家族の様子を詩にしました。
子どもたちは、楽しんで詩を作っていました。
文章を書くことを苦手にしていた子が、この詩で地区の文化祭に出品され、金賞をとることができとても喜んでいました。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド