TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/19 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1030886 更新:2013年07月13日

3年 「豆電球に明かりをつけよう」観察実験技能検定用サイト集 


「豆電球で明かりをつけよう」第1時

以下のコンテンツを使った授業の導入を行う。

豆電球に明かりをつけよう (ソケットなし)フラッシュコンテンツ

「豆電球に明かりをつけよう」単元で、実験キットを買うか
理科室にある豆電球セットを使うかと迷うだろう。
理科室のセットを使う場合は、キットに関わる所を省いて行うことができる。
今回は、キットを買う場合の進め方である。
まず、実験キットを買ったら、以下のようにする。
①キットの箱に名前を書く。
②箱の中身を出す。
③1つ1つ部品があるかを確認しながら
 「導線」「豆電球」「かん電池」以外は、
 名前を書かせず、種類ごとに後ろから列ごとに集める。
(その時やる実験に応じて、部品を配り増やしていく。)
④導線を30cmぐらいに切り取り、
 両端のカバーの部分を3cmぐらいずつはがす。
⑤残った導線は、箱の中にしまう。

この作業で、コンテンツで使う材料
豆電球、どう線一本、かん電池だけが
児童の手元にあることになる。

指示1:

部品の名前を言います。
「どう線」  (児童 「どう線」)
「豆電球」  (児童「豆電球」)
「かん電池」 (児童「かん電池」)

発問1:

この3つの部品だけで豆電球の明かりをつけることができるかな?
練習①これは明かりがつくかな。
やってみましょう。

_4

指示2:

明かりがついた人?
このようにすると、どう線一本でも
明かりがつけやすいです。(コンテンツの画像を見せる)
このことに気付いている子がいたら、たくさんほめる。

____

指示3:

このように1つの輪になった電気の通り道のことを
「回路」といいます。
言ってみよう。
「回路」(児童「回路」)

発問2:

では、これは明かりがつくかな?
練習②をやってみましょう。
(「つかない。」の反応)

_5

指示4:

これは、明かりがつきません。
これは、「ショート回路」といいます。
言ってみよう。
「ショート回路」(児童「ショート回路」)
ショート回路は、熱を持ちやけどをすることがあるので、
長い間つなぎません。
言ってみよう。
「ショート回路は熱を持ち危険なので長い間つなぎません。」(復唱)

「ショート回路」は、熱を持つので、
やけどをしてしまう危険性がある。
セロテープなどで、固定したがる子が出るが、
使わせないほうがよい。
また、アルカリ電池も大きな電流が流れるため
この場合は、使用せずマンガン電池を使うほうがよい。
(できれば、ほぼ使用済みものが安心。)

指示5:

練習①のほかに
明かりのつく回路を見つけましょう。
見つけたら、ノートに書いて持ってきましょう。
(かんたんな豆電球、どうせん、かん電池の書き方を
 黒板に書いて教えるとよい。)

書いて持ってきた子のノートに
丸を付け、黒板に書かせる。
このような自由試行を
飽きるまでやらせる。
*単元の最後に
 大切な言葉や実技をしっかり習得させるために
 以下の台本を使って、子ども同士で
 検定をするとよい。
 検定で合格すると、さらに検定者となり
 合格の判定をすることができる。
 その際に使うのが、以下の台本である。
 両面印刷にし、相手に検定画面。
 検定者が台本を、見ながら検定を行う。

豆電球に明かりをつけよう 検定者用の台本

観察実験技能検定サイト集のトップページへ戻る


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド