TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9046860 更新:2013年07月12日

中学校1年生 ミシンの使い方


準備物
・ミシン糸  ・ボビン
・ミシン(電子ミシンで足踏みのコントローラー付、ボビンケースはない)

ミシンを机に用意しておく。

説明1:

これから、ミシンの使い方を説明します。
ミシンの針が見えることろに来なさい。

指示1:

まずふたをあけます。

ふたをあける。
ふたは床に置く。

説明2:

ボビンに糸を巻きます。
ミシン糸をさし、糸をかける。ミシン本体に使い方が書いてあるから、分からなかったら先生を呼びなさい。
ボビンに穴があいています。内側から、外側に向かって糸を通します。通したら、3周糸を巻いて、さします。
右にスライドさせて、準備完了です。
ここでコンセントを差します。
できたら、スイッチ押します。糸が巻けたら、ボビンを外して、糸を切ります。

1つ1つ例示しながら進める。
ときどき、問題を出すと見ていない生徒が集中する。
例 ボビンの糸はどっちから通すの?  いつコンセントを差すの?

説明3:

下糸を通します。
使うのはさっき糸を巻いたボビン。
プラスチックのふたに、糸のかけ方が書いてあります。

ボビンを入れて、糸をかける。

説明4:

最後に上糸をかけます。
ミシンに糸をかける順番が書いてあるので、それにそって糸をかけていきます。
最後に、針に糸を通します。
その糸を左手で持っています。

糸を長めにだし、糸を持っていることがわかるようにする。

説明5:

右手で、はずみ車を手前に回します。
回したら、左手で持っている糸を引っ張ります。

うまくいけば、下糸がつれる。

説明6:

出てきた輪っこになっている糸を引くと、下糸が出てきます。
下から出てきた糸が1本なら、準備完了です。

基本的に生徒に見せながら行う。
下糸がつれないことがあるので、全部のミシンでできるか確認しておく必要がある。
クラス全員ではミシンが見えないこともあるので、半分に分けて見せることもできる。
半分の生徒に見せている間、もう半分の生徒にはミシンを机に持ってこさせたり、製作中のものの説明書を読ませたりする。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド