TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/20 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6104728 更新:2013年05月18日

そうじ・帰りの会


説明1:

出張している先生の代わりに掃除監督へ行く。

指示1:

青い字をみんなで読みます。さんはい。

「なかなか掃除が始まらない」

説明2:

このクラス以外にも、自分の掃除分担があるので、そちらの監督へ。

指示2:

青い字をみんなで。

「まだ掃除をしている。」
「長い掃除の割には、きれいではない。」

説明3:

だらだらしている生徒に対して、イライラしている生徒もいる。

発問1:

同じような経験をしたことがある人?

挙手で確認。

発問2:

次の年に、このクラスの担任になりました。担任として、事前にできることがあります。なにをしますか。

指示3:

ノートに箇条書きます。

列指名

指示4:

子どもを動かす三原則というのがあります。番号を言ったら、続きを読みます。

1 「やることを示せ。」
2 「やり方を決めろ。」
3 「最後までやり通せ。」

説明4:

やり方を決めるとき、3つのことを明確にします。
1つ目は、仕事の内容を明確にするです。

発問3:

2つ目、四角に入る言葉は何ですか。

「誰が、です」「そう。誰がやるのか明確にする」
「3つ目は」「いつ」「いつやるのかを明確にする」

説明5:

1の仕事の内容を明確にする。私は次のようにしました。
ほうき・雑巾・机運びの仕事の内容を明確にし、学級通信で全員に示しました。

説明6:

2の誰がやるのか明確にする。
掃除当番表を、一人一役としました。

説明7:

さぼる生徒への対応として、教師がまず生徒の3倍働くようにしました。
教師が掃除をすることにより、まじめにやっている生徒がよくわかり、ほめることができました。

説明8:

ほとんどの生徒が掃除をしている状態になってから、さぼる生徒に対応しました。
まず、具体的なたった一つの指示を出しました。教師が一緒にやりました。
ほうきの使い方、雑巾のかけ方を、言って聞かせ、やってみて、やらせてみせて、ほめました。
それでも、掃除でほめることができない生徒には、別の機会にほめることから始めました。

説明9:

仕事の内容を明確にし、誰がやることを明確にし、掃除でほめることにより、どのクラスよりも早く掃除をはじめ、終わることができました。

指示5:

掃除の後、帰りの会・ホームルームです。青い字をみんなで読みます。

「私の帰りの会は、30秒程度です」
「帰りの会なんてしない」
「時間が伸びれば伸びるほど、子どもたちは、教師を嫌になります。」

説明10:

向山洋一先生の言葉です。
私の帰りのホームルームです。
「帰りのあいさつをします」起立「さようなら」「さようなら」
これだけです。

説明11:

学校によって、何時までは下校させないということもあります。
そのようなときは、五色百人一首やチャレランをやりました。
五色百人一首は百人一首を20枚ずつ5色に色分けした教材です。このため一試合、約3分間で決着がつきます。
チャレランは、学習ゲームで生徒は熱中して挑戦します。

以上です。

<参考>TOSSインターネットランド http://www.tos-land.net/
神谷裕子氏「掃除サボり子を減らす方法」№2220027
菊田肯児氏「掃除をさぼる子への指導」 №2912033
大関貴之氏「【向山洋一Q&A語録】帰りの会はすべきか」№9279755
大関貴之氏「【向山洋一Q&A語録】帰りの会その2」№5114079


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド