TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/09/26 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8656775 更新:2013年05月08日

暴言のあるクラスに効く語り


学級で暴言が飛び交った場合に行うと効果のある語りを紹介する。
4月の学級づくりにおいても活用もできる。
小林正観氏の著書に掲載されていたものを小学生向けにしたものである。

ある人が天国と地獄を見てきたそうです。どちらも見た目は同じでした。食事時なのか、テーブルに豪華なごちそうが並んでいました。ただ変わった点は、箸がとても長いということでした。
 地獄では、そこにいる人たちが争っていました。箸が長いので、お互いにぶつかりあってしまうからです。また、ひじとひじも当たってしまいます。ひどい言葉が飛び交い、殴り合いもしています。
 一方、天国では、こんな声が聞こえてきました。
「はい、どうぞ。お先に。」
「ありがとう。」
「今度はあなたの番ですよ。」
 お互いに譲り合って、食べ物を分け与えているのです。みんなにこにこして幸せそうにくらしています。
 つまり、環境は同じだけど、そこにいる人たちの行動、言葉が違うのです。
 地獄では、地獄言葉(相手を傷つける言葉)を使っています。
 天国では天国言葉(相手を喜ばす言葉)を使っています。
 この教室が天国になるか、地獄になるかは、ここにいるみんな次第でしょうね。

理由なく、だめなものはだめだと教えることも大切なことだが、時としてこのような話をして、その行為がなぜよくないのかを納得させることも大切である。


3回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド