TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6950479 更新:2013年05月09日

学級開き当日出会いのポイント5


ポイント1
最初のメッセージは板書から始まるということを意識しているか

担任としての必達目標イメージを簡潔に板書します。そして、楽しさもちりばめて。

進級おめでとう/みんなで力を合わせて/明るく/元気に/楽しい/学級をつくっていきましょう/みなさんのがんばりを/全力で応援します!/○○小で一番かわいい先生より/もうすぐ会います

ポイント2
たくさんほめる場面をつくることを意識しているか

どんなやんちゃな学級を受け持ったとしても最初は笑顔でスタートしたいものです。
そのためには、教師がたくさんほめる場面を設定しておかなければなりません。

ポイント3
やんちゃな子もおとなしい子も活躍できる授業を意識しているか

最初なのであまり時間はないかもしれませんが、今年の先生は楽しそうだという期待感を持ってもらうためにはやはり、授業です。
 やんちゃな子もおとなしい子も活躍できる授業をすることで、子ども達の先生への信頼度はぐっと変わります。TOSSランド(http://www.tos-land.net) で検索すればたくさんの授業が出てきます。参考にされてください。
 最後までする必要はありません。続きは宿題にしてしまいます。翌日調べていた子をめちゃくちゃほめます。

発問1:

この中にいくつかの漢字が隠されています。何という漢字が隠されているでしょうか。

_

ポイント4
子どもにこびないことを意識しているか

教室に入って担任紹介をします。短く簡単に、楽しく演出をします。ただし、媚びてはいけません。担任が自己紹介をしているとき、口をはさむ子がいます。茶々を入れる子がいます。そのような子にはきっぱりと担任の気概を伝えておくことが大切です。子ども達は担任がどのような部分を見逃すのか、許さないのかを肌で確かめています。出会いの日だからこそ効果は大なのです。

ポイント5
教師の願いを語ることを意識しているか

 自己紹介の後、教師の願いを伝えます。

「今より勉強ができるようになりたい人?(全員挙手)みんなエライ!勉強ができるようになりたかったら、授業中にたくさん間違えなさい。授業はたくさん間違った方がいいのです。わざと間違えなさいというのではありません。一生懸命考えて間違ってしまった、それはとてもいいことなのです。どんなに偉い先生も、科学者も、学者もみんな間違いや失敗を1000回も2000回も繰り返してきているのです。勉強のときは、間違えば間違うほど賢くなれます。安心してどんどん間違えなさい。」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド