TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/09 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4275306 更新:2013年02月24日

「モチモチの木(光村3年下)」を分析批評で教える(第9,10時)


第9時、第10時 豆太にしか見えない「モチモチの木」について(討論)

(1)「豆太にしか見えない」とは、どういうことかを確認する

前の時間に分類した「豆太の見た『モチモチの木』」を使って、授業を進めていく。

①空いっぱいのかみの毛をバサバサとふるって「わあっ。」
②でっかい、でっかい木
③実をいっぱい落としてくれる木
④両手で、「お化けぇ。」って、上からおどかす
⑤ねんねこの中から見た
⑥灯がついた木

発問1:

この中で、豆太にしか見えないモチモチの木はどれですか。

話し合いを始める前に、「⑤ねんねこの中から見た」は、「ねんねこの中から見たのは、木ではなく雪である」という理由でなくなった。

さて、「豆太にしか見えないモチモチの木」について、子ども達の意見は次のようになった。
①空いっぱいのかみの毛をバサバサとふるって「わあっ。」・・・20名
②でっかい、でっかい木・・・0名
③実をいっぱい落としてくれる木・・・1名
④両手で、「お化けぇ。」って、上からおどかす・・・20名
⑥灯がついた木・・・6名

説明1:

②が違うということは、豆太以外にも見た人がいるということですね。
誰が見ているのですか?(子:じさま)
そうですね。
このように、他の人が見ていると「豆太にしか見えない」ということにはならないのですね。

これが、伏線になる。

発問2:

この中で、「これは豆太にしか見えないモチモチの木」ではないと思うものはどれですか。
一つ選んで、意見を書きなさい。

子ども達の意見は、「③実をいっぱい落としてくれる木」に集中した。

<「③は違う」という意見>
・「その実を、じさまが~」と書いてあるので、実を落としているモチモチの木は、じさまも見ているはずである。
・じさまは、その実をもちにしているのだから、実を見ていなければもちは作れない。
・昼間のモチモチの木は、豆太やじさまだけでなく、いろんな人が見ているはずである。

(2)「灯のついたモチモチの木」は、豆太にしか見えないモチモチの木かどうかを検討する

発問3:

「灯のついたモチモチの木」は、豆太にしか見えないモチモチの木ですか。

豆太にしか見えない・・・6名
豆太以外にも見えている・・・18名

<豆太にしか見えない派>
・じさまが「灯がともるのを見ることができるのは、一人の子どもだけだ」と言っているので、これは豆太だけが見たと思う。
・医者様も見たというけど、医者様は「灯りがついたようだ」と言っているだけで、灯りがついた木を見たとは書いていない。
・じさまやおとうも見たと書いてあるけど、それは昔の話で、今年の霜月二十日のばんに見たのは豆太だけだと思う。
・「おとうも見たそうだ」の「そうだ」は聞いたことだから、おとうが本当に見たかどうかは分からないと思う。

<豆太以外にも見えている派>
・じさまが、「おらも子どものころに見たことがある。」と言っているから、じさまも見ている。
・「死んだおまえのおとうも見たそうだ」と書いているから、豆太のおとうも見ているはずだ。
・じさまが「一人の子どもだけ」と言っているのは、1年に1人という意味で、毎年1人ずつは見ているはずである。
・医者様は、豆太が「モチモチの木に、灯がついている」と言われて、そのモチモチの木を見ている。だから、医者様も見ているはずである。

子ども達は、1時間たっぷりと討論を行った。
討論を途中で打ち切り、子ども達に次のように話した。

説明2:

人の気持ちによって変わる風景を「心象風景」と言います。
みんなも冬の木を見て、「寒そうな木」とか「寂しそうな木」とか、思うこともあるでしょ。(子:ウンウン)
このように人の気持ちによって、見え方は変わるのです。
たとえば、「①かみの毛をバサバサふるって、両手で『わぁっ』」と本当に木がするのですか?(子:しません)
そうだよね。
じゃあ、豆太にそう見えるのは、どうしてですか。
(子:豆太がおくびょうだから)
その通り。つまり、モチモチの木は、豆太の気持ちを表しているとも言えるのです。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド