TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/12/17 現在)

21453
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1114068 更新:2012年12月02日

運動会の作文はこれで見違える?書き出しの書き方


読み手をひきつける作文を書かせるにはどのように授業をしたらよいか。そんな先生方にはもってこいのページです。子どもたちの作文がミルミル変わります。超ベストセラー、「苦手な「作文」がミルミルうまくなる本」(師尾喜代子氏)を参考に授業を組み立てました。

説明1:

作文例が3つ載ったプリントを渡し、何回か読ませる。

(作文の例)
① 六月四日は、とても楽しみにしていた運動会でした。
 朝から天気がよく、学校に来ると万国旗がきれいに張られていました。
                                      
② 朝、まどを開けると、真っ青な空が広がっていました。
 食堂に行くと、お母さんが作ったお弁当がおいてありました。
                                     
③ いよいよ100m走だ。ぼくはスタートラインに立った。
 目の前には、まっすぐ白線がのびている。次は、ぼくの番だ。

指示1:

3つの作文があります。10点満点で点数をつけなさい。

子どもたちはクライマックスから書き出した作文に最高の評価をした。子どもたちもわかっているものなのである。

発問1:

なぜ、③の作文がいいのですか。

月日から始まるとワンパターンだ、弁当のことはあまり関係ない、③はドキドキする、なんだか引きつけられる、などという意見が出た。

説明2:

よい作文って言うのは、「書き出し」(板書)で引きつけられるものです。書き出しで決まるのです。では、どんな書き出しを書けばいいかというと、「クライマックス」(板書)から書き出すのです。

説明3:

クライマックスというのは、一番どきどきしたところ、盛り上がったところ、気持ちや考えがガラッと変わったところです。
運動会の作文ですから、自分が出た種目の中で、自分の気持ちが変わったところ、みなさん流に言えば、一番ドキドキしたところから書き出すのです。

自分の出場した種目のなかで、一つ選ばせる。
次に、作文用紙(80字書けるように切ったもの)を渡した。

説明4:

この用紙にこれから書き出しを書きます。皆さんが書いたものを先生が10点満点で点数をつけますから、合格できるように何回も挑戦しなさい。今日は、5点で合格にします。

「10点合格」とすると不安になる子どもがいる。はじめから100%は求めないのである。
しーんとして書いている。クライマックスを書くということがわかったためである。
また、書き出し、80字、と局面を限定しているのも効果的であった。(局面の限定の原則)
しかし、クライマックスから書き出すことはわかっても、なかなか書けないものである。
点数は厳しく、妥協せず、何回か書かせる。そのうちに見違えるようになる。

3年生の指導前、指導後である。

(指導前)

よういどん。ぼくは走った。いっしょうけんめい走ったが、みんなはやくてぼくは4位になってみんなやったーとうれしそうにいった。だが、ぼくはうれしくもなんともなかった。

(指導後)

ぼくがスタートライニンに立ったとき、心ぞうの音が

「ドキドキ。」

と聞こえてきた。とてもはやかった。

(指導前)

ぼくは、アンカーでした。たつやくんがぼくにバトンをわたしました。ぼくはおもいっきり走りました。1位になってうれしかったです。

(指導後)

ぼくはアンカーだ。整列していたときにドキドキしていた。スタートラインに立った。

「いけいけ赤組」

とおうえんの声が耳にとびこんできた。

(指導前)

5・6年生のリレーの次はダンスだ。ドキドキする。東子先生が「ならぶんだよ」といいました。いよいよダンスだ。きんちょうした。

(指導後)

次はダンスだ。ドキドキする。

「ドクンドクン。」

としんぞうの音がした。

「れんしゅうのせいかを見せるんだ。」

書き出しを指導したあと、原稿用紙を半分に切った用紙を使って続きを書かせた。
合格制は続け、点数はどんどん上げる。
「ここがいいねえ。」とほめることで、合格できなくても何回も書くようになる。
なお、合格した用紙はノートに張らせる。清書は写すだけでよい。
引用文献
「苦手な「作文」がミルミルうまくなる本」師尾喜代子著(PHP研究所)


3回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド