TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/20 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6882940 更新:2013年01月24日

授業日記平成19年4月11日(水) 表とグラフ・ちょっと突っ込んでみた。 上6~7


「教科書6ページを開きます」

「たくさんの動物がいます」

「何がいますか」

 本当はこんなこと聞かなくていいのだが,まだ教科書を準備していない子がいたので時間調整のために聞いた。

 これが良かったのか,遅れていた子もあわてて教科書を用意した。

「キリン,何頭いますか。看板の□に書きなさい」

 すぐ解答。

「3頭です」

「そのとおり!できた人?ようし,丸を付けなさい」

 同じように鹿,さるもすぐ書かせた。

「うさぎ,やぎ,あひる,ごちゃごちゃしています。数えられそうですか」

「できる!」「簡単!」

「ではどうぞ」

 全員できた。

「□3に指を置きなさい」

「しらべた動物の数を~あらわしましょう」

 子どもたちにも読ませた。

 常に音読練習が必要な子がいるからだ。

「☆1。動物の数を下の表に書きましょう」

 ひょう,と言わせる。

「動物の数。しか5,と書いてあります。他の動物も書きなさい」

 ここもすぐさせた。

 全員できた。

「☆2。動物の数を右のグラフにあらわしましょう」

 グラフ,と言わせた。
 すぐ教科書のグラフに書かせなかった。

 ちょっと遊んで(?)みた。

「きりん,絵でグラフにしてみるよ」

 簡単なキリンの絵を3頭ぶん縦に並べて描いた。大きめに。

「つぎ,あひるを描きます」

 今度は小さめに縦に並べて書いた。

 当然キリンのほうが高くなる。そして言った。

「ほらキリンのほうが高いから,キリンの数のほうが多いんだね」

「違―――――――う!」

 ブーイングの嵐!

「だってキリンのほうが高いよ」

「そりゃ高さはそうだけれど,数は違う」

 このような批判をたくさん言わせた後,じゃぁどうしればいいですか,と聞いた。

 一番のやんちゃ君が言った。

「同じ大きさにすればいいよ,先生」

 一同納得。

「教科書のグラフ,そうなっていますか」

「なってる」「同じ○です」

「そうか,みんなの言うとおりだった!」

 こうして教科書のグラフに○を書き入れさせた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド