TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/26 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320208 更新:2012年12月01日

子どもが怖がるこわい話


法則化シリーズ/学級経営/怖い話

 子どもが怖がるこわ~い話  

              TOSSアンバランス福島  三瓶 まゆみ

出典「学校生活を豊かにする教育技術」(法則化シリーズNO.101)
佐藤陽一氏の論文(子どもに受ける怖い話)の紹介である。

 子どもは、怖い話が大好きである。これはトイレにまつわる怖い話である。

この話は、先生の大学の先輩の、また友達のお話です。

先生のいた大学は、鉄筋コンクリートで、いつも暗い感じでした。
特に、そこのトイレは、昼でも電灯をつけなければならないほど暗かったのです。
大学の女子トイレは部屋が3つあって、真ん中のトイレは鍵が壊れていて、
ずっと前から開かなかったのです。

先生の友達の先輩の、また友達は、その日は研究のため夜遅くまで
大学に残っていました。
夜の12時頃になって帰ろうと思ったその人は、
どうも変な声が聞こえてくるのに気がつきました。
女の人がすすり泣くような声なのです。ウーアーー。
誰かいるのかな、と思ったその人は、どこから聞こえてくるのか
確かめようとしました。
そしたら、その声はあのトイレから聞こえてくるのです。
それもあの、絶対に開かないはずの真ん中のトイレからです。

その人は、そのトイレに近づいてドアを開けようとしました。
でも、ドアはやっぱり開きません。

「どうしたんですか」とか「開けてください」とか言ってもドアは開かずに、
女の人の声だけ聞こえるのです。

気味悪くなったその人は、その日は急いで家に帰りました。
でも、やっぱり気になるので、
次の日、何人かの友達と一緒にもう一度あのトイレに行ってみることにしました。

 次の日の12時頃、やっぱり女の人のすすり泣きの声が聞こえてきました。
ウーーーーアーーー。
早速、トイレのドアを開けようとしましたが、
だれがやっても絶対に開きませんでした。
でも、女の友達が開けようとすると、ひとりでにドアが開いて、
スーーッと白い手が出てきました。そしてこう言うのです。
 「紙をくれーー」
女の人が、ティッシュペーパーをさしだすと、いきなり女の人の手をつかみ、
中に引きずり込んでしまいました。
戸が「バタン」 中から「ギャーー」
すぐにみんなで開けようとしましたが、いくらやっても開きません。
もう絶対に開かないのです。

次の日、機械を使って開けてみると、なんと女の人が、髪の毛を全部むしられて、血だらけになって死んでいるのです。

こんなことがあってから、しばらくして、新しい校舎を造るために、古い建物はこわされて、そのトイレももうなくなりました。

あとで分かったことですが、ずっとその昔に、髪の毛が全部なくなる病気にかかった女の人が、自殺したということです。
きっと、きれいな髪の毛が、とってもうらやましかったのだと思います。

この話は、低学年の女の子に話してはいけない。あまりにショックが大きいからである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド