TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1143335 更新:2012年12月02日

北方領土


択捉,国後,色丹,歯舞のいわゆる北方領土は,我が国固有の領土である。
江戸時代以前から既に日本人がそこで生活をしていた。
1854年,日露和親条約によって,北方領土は国際的にも日本の領土として認められることになる。
しかし,1945年8月,日ソ不可侵条約を一方的に破棄して日本に攻め込んできたソ連軍により,北方領土は奪われた。

国境や領土は,国同士の条約によって決まる。
大東亜戦争中の〈カイロ宣言〉,終戦間際の〈ポツダム宣言〉を見ても,
北方領土が一貫して我が国の領土であることは明確である。
日本の子供たちにこの事実を伝えたい。

   本実践は,谷和樹氏『「北方領土」の授業で「日本人の気概」を教える』の追試である。

★谷和樹『「北方領土」を授業するサイト』
TOSSインターネットランド(Toss商標)
http://www.tos-land.net/ ナンバー検索 1143053

発問1:

(◆日本の領土の地図を提示 ◆沖ノ鳥島の写真を提示)
日本の一番南にある島は何という島ですか。

発問2:

(◆「沖ノ鳥島」と提示)
沖ノ鳥島です。都道府県でいうとどこになりますか。近くの人と確かめ合ってもいいですよ。(東京都)

発問3:

(◆南鳥島の写真を提示)
日本の一番東の島は何という島ですか。

説明1:

(◆「南鳥島:東京都」と提示)南鳥島。東京都です。

発問4:

(◆与那国島の写真を提示)日本の一番西は。

説明2:

(◆「与那国島:沖縄県」と提示)沖縄県の与那国島です。

発問5:

(◆択捉島の写真を提示)日本の一番北は。

説明3:

(◆「択捉島」と提示)択捉島です。
(◆「日本の領土」と提示)このように,日本の国の範囲を日本の「領土」といいます。「領土」言ってみましょう。さんはい。
(◆「国境」を提示)国と国の領土の境目を「国境」と言います。「国境」言ってみましょう。さんはい。

発問6:

国境から先へは,自由に行けるのですか。

発問7:

相手の国の許可をもらわずに国境を越えて,その国の領土に入ったらどうなりますか。

説明4:

その国に身柄を拘束され,強制送還されます。勝手に外国の領土に立ち入ることは禁じられています。

説明5:

日本の領土に話を戻します。択捉島が日本の一番北なのですね。択捉島は,日本で一番大きな島です。

発問8:

2番目に大きな島は何という島ですか。

説明6:

(◆国後島の写真を提示)2番目に大きな島は択捉島のすぐ南隣にある国後島です。

説明7:

(◆北方領土の白地図を提示)択捉島,国後島,色丹島,歯舞諸島,この4つの島を北方領土と言います。 

指示1:

「北方領土」とノートに書いてごらんなさい。

(白地図を配付)書き終えたら,白地図からこの4つの島を探して,赤鉛筆で色を塗っておきなさい。

説明8:

(色塗り作業中に)歯舞諸島はたくさんの小さな島の集まりです。
一番西の貝殻島は,日本で本土から一番近い島です。北海道の根室から3.7kmしかありません。

発問9:

(◆4択問題を提示)これらの島には,今,日本人が何人位住んでいるのですか。
1) 約   100人
2) 約 1,000人
3) 約10,000人
4) その他

説明9:

(◆「0人」と提示)これらの島に,日本人は一人も住んでいません。
(◆「昭和20年→日本人17,291人が住んでいた」と提示)
今から60年ほど前には,17,291人の日本人が住んでいました。今は,ロシアの人が住んでいるのです。

説明10:

(◆平成10年11月13日付『朝日新聞』の記事を提示)
平成10年に小渕元首相はロシアを訪れました。小渕元首相とロシアのエリツィン元大統領が写っています。

発問10:

(◆「国境」にアンダーライン)その時の一番大きな交渉のテーマは何だったのですか。ヒント。漢字2字です。

説明11:

国境。日本とロシアの国境をどこにするか,が交渉のテーマでした。
(◆「北方領土」にサイドライン)北方領土が問題となっているのです。

発問11:

(◆北方領土の地図を提示)日本は国境がどこだと言っているのですか。

説明12:

(◆日本の主張する国境線を提示)白地図で,択捉島と得撫島の間に,赤鉛筆で線を引いておきなさい。

発問12:

ロシアは,国境をどこにすると言っているのですか。近くの人と話し合ってごらんなさい。

指示2:

予想でいいです。鉛筆で,線を引いてごらんなさい。

説明13:

(◆ロシアの主張する国境線を提示)これは,ロシア製の地図です。
ここから北,こちら側が全部ロシアの領土というふうに記してあります。

発問13:

(◆歴代首相とロシア大統領の写真を提示)
さっき新聞で見たような,国境をどこにするかという交渉は,実は何年も何年も続いています。
ロシアと日本,どちらの主張が歴史的にみて正しいのでしょうか。

説明14:

(◆「正保御国絵図」を提示)江戸時代の初め,1644年頃に日本人が書いた北海道の地図です。
この地図には北方領土が書かれています。北方領土が書かれている地図では一番古い物です。
ロシア人が同じ北方領土を書いた地図で一番古いのは1713年のものです。

説明15:

この頃から北方領土にはたくさんの日本人が住んでいました。江戸幕府は,武士をここにおいて,北方領土を守っていました。
しかし,この頃は,国同士の法律,国際法や条約で国境が決まっていたわけではありません。

説明16:

(◆白地図を提示)日本とロシアの国境が国際的な条約で決まったのは1854年,江戸時代の安政元年のことです。
「日露和親条約」を結びました。日本が開国し,アメリカやイギリスとの国交を始めた年です。

発問14:

この時,日本とロシアの国境は,図のABCのどこに決まったと思いますか。
Aだと思う人?B?C?(挙手させる)

指示3:

(◆「日露和親条約」の第2条を提示)追い読みをします。「日露和親条約」。「第2条」。
「今より後」。「日本国とロシア国との境」。「択捉島と得撫島との間にあること。」。

発問15:

「今より後」の「今」とは,西暦何年のことですか。(1854年)

発問16:

1854年より後,「国境」をどこにすると書いてありますか。

説明17:

国境はBに決まったのですね。このように,国と国との国境や領土というのは,国同士の平和条約によって決まるのです。
日本が国際社会にデビューした時,北方領土は日本固有の領土として認められたのです。

指示4:

ノートの「北方領土」と書いた下に,「1854年→日本の領土」と書きなさい。
書き終えた人は,日露和親条約をノートに書き写します。

説明18:

それから91年後の1945年,日本は戦争に負けました。8月15日のことです。
8月14日に,ポツダム宣言という文書を日本が受け入れて,戦争に降服したのです。

説明19:

ところが,ロシアは8月28日に択捉島に上陸し,武器を捨てていた日本軍の前で択捉島を占領してしまいました。
(◆「8月28日→ソ連がエトロフ島を占領」と提示)
当時,ロシアはソビエト社会主義連邦共和国という国でしたので,ここではソ連と書いておきます。

説明20:

さらに,9月1日には,国後島と色丹島にも上陸して占領しました。
(◆「9月 1日→ソ連が国後島,色丹島を占領」と提示)

説明21:

9月2日には,日本はミズーリというアメリカの船の上で降服文書に調印しました。
(◆9月 5日→ソ連が歯舞諸島を占領」と提示)
でも,その次の日の9月3日に,ロシアは歯舞諸島に上陸し,9月5日には北方領土を全て占領しました。

指示5:

「1945年,ソ連が北方領土を占領」とノートに書きなさい。

説明22:

この時,日本とソ連はお互いに戦争をしないという条約を結んでいました。
しかし,ソ連はその条約を破って,既に降服していた日本の北方領土を占領してしまったのです。
これは,日本が戦争に負けたのだから仕方がないのでしょうか。

大日本帝國及「ソヴイエト」社會主義共和國聯邦間中立條約
通称・略称 日ソ中立条約
署名 1941年4月13日(モスクワ)
効力発生 1941年4月25日
条約番号 昭和16年条約第6号

発問17:

戦争に負けたのだから仕方がない,と思う人?

発問18:

ソ連がやったことをどう思いますか。

説明23:

国際的な条約には,どのように書いてあるのか見てみます。
(◆「カイロ宣言」を提示)
追い読みです。「1943年」「カイロ宣言」
「1914年の第一次世界大戦の開始以後に」「日本が奪い」「占領した太平洋の島々を剥奪(はくだつ)する。」
カイロ宣言は,戦争に勝つことになるアメリカとイギリスと中国が作ったものです。
これには,1914年以後と書いてあります。

指示6:

(◆「1854年」の部分を強調)
気付いたこと,思ったことをノートに書いてごらんなさい。
書いた人からその場に立って,教室の真ん中を向いて発表しなさい。

指示7:

カイロ宣言をノートに書き写します。

(◆「ポツダム宣言 第8条」を提示)
2年後です。追い読み。「1945年」「ポツダム宣言」「8条」「カイロ宣言の条項を守ること」
日本が降服した時のポツダム宣言には,カイロ宣言を守れ,と書いてあります。ポツダム宣言はソ連も認めている条約です。

指示8:

ポツダム宣言をノートに書き写します。

説明24:

1951年9月8日に,日本はサンフランシスコ平和条約を結びましたが,ソ連はこの平和条約に調印しませんでした。
この時,日本の代表はこんなことを言いました。
(◆吉田茂の発言「日本開国の当時,ロシアは北方領土が日本領であることを認めていた」を提示)

「日本開国の当時,千島南部の2島,択捉,国後の両島が日本領であることは,ロシアも反対しなかったのであります。」
 (吉田茂全権大使の発言を要約)

説明25:

(◆ダレス元国務長官の言葉「歯舞諸島,色丹島は北海道の一部であり,択捉,国後は日本の領土である」を提示)
また,アメリカは1956年にこんなことを言いました。

「アメリカは,歴史上の事実を注意深く調べた結果,択捉,国後の両島は,北海道の一部である歯舞諸島,色丹島とともに,常に日本の領土の一部をなしてきたものであり,正当に日本の主権下にあるものとして認められなければならないとの結論に達した。」
(ダレス国務長官「日ソ交渉に対する米国覚書」)

指示9:

今日のお勉強をノートにまとめておきなさい。

授業用Webワークご希望の方へ
WEBワークご希望の方は,次の形式で本文を記入し, 小林 までメールをお願いします。
メールの件名【授業webワーク】
1 Webワークご希望の授業名
2 お名前
3 お電話番号
4 ご勤務先
5 メールアドレス
6 所属しているTOSSサークル,または参加しているTOSS関連ML
  (サークルやMLに参加されていない場合は,「サークル・ML不参加」とご記入ください。)
①データは,【宅ふぁいる便】で送ります。無償です。
②件名に【宅ふぁいる便】と記したメールが届きます。
③メールに記されている要領に従ってファイルをダウンロードして下さい。
④【宅ふぁいる便】を迷惑メールと間違えて削除してしまう方がよくいらっしゃいます。ご注意下さい。
⑤受け取り期間が限られています(メール受信後3日間)。早めのダウンロードをお勧め致します。
 (データ容量及び通信速度によっては,受信に数分かかることもあります)
※このWebワークは著作権の関係上,学校の教室内での使用にとどめて下さい。
※このWebワーク上にある画像の複写使用や二次配布等はご遠慮下さい。
※このWebワークを使用してのトラブルについて,作成者(小林)としては責任を負いません。ご了承下さい。
尚,Webワーク使用には無償のマクロメディアのフラッシュプレイヤー(無料)が必要です。
         ↓
http://www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?Lang=Japanese&P5_Language=Japanese&P1_Prod_Version=ShockwaveFlash&Lang=Japanese

【参考資料】
◆谷和樹 『「北方領土」を授業するサイト』TOSSインターネットランド(Toss商標) http://www.tos-land.net/ ナンバー検索 1143053
◆藤岡信勝・自由主義史観研究会『国境の島を発見した日本人の物語』(祥伝社)
◆山本皓一『日本人が行けない「日本領土」』(小学館)
◆山本皓一『国境の島が危ない!』(飛鳥新社)
◆『別冊宝島 誰も見たことのない日本の領土』(宝島社)
◆山田吉彦『日本の国境』(新潮社)
◆北方領土問題対策協会ホームページ http://www.hoppou.go.jp/top.htm
◆首相官邸ホームページ http://www.kantei.go.jp/
◆外務省ホームページ http://www.mofa.go.jp/mofaj/


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド