TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3852119 更新:2013年01月07日

卒業写真から考える 昔のくらし


 3学期になると6年生が卒業写真を撮る。「今日、6年生が卒業写真を撮ったけど昔の古い卒業写真見たことあるかな。」と問うと子供たちは見たい見たいの大合唱であった。

見せた卒業写真は、昭和3年、昭和19年、昭和45年である。 

発問1:

昭和3年の卒業写真です。写真を見て分かったこと、気づいたこと、思ったことをノートに書きなさい。

・建物が古い。
・下駄やぞうりを履いている。
・女の子が着物を着ている。
・男の子は着物の子と制服の子がいる。
・卒業生だけで31名いる。
(この年の勤務校は全校70人ほど 卒業生は、10人前後であった。)

発問2:

昭和19年の卒業写真です。写真を見て分かったこと、気づいたこと、思ったことをノートに書きなさい。

・女の子はみなおかっぱ
(わかめちゃんヘアー)
・男の子の服は、兵隊さんみたい。
・男の先生も兵隊さんみたい。
・男の先生は坊主頭。
・卒業生だけで60名近くいる。
・60名×6=360で、全校児童が360人近くいたのかな。

発問3:

昭和45年の卒業写真です。写真を見てわかったこと、気づいたこと、思ったことをノートに書きなさい。

・服装は今とあまりかわらない。
・40名も卒業生がいる。
・女の子のヘアースタイルも様々だ。

子ども達が一番驚いたのは、卒業生の数である。勤務校は、70人ほどの小規模校。昭和19年は、推定で児童数が360人。
どうしてこんなに子どもの人数が減ってしまったのだろうか。疑問をもった子もいた。

人数が増えていった学校もあるだろうし、過疎が進んでいる地域の学校もある。
しかし、古い卒業写真は、教科書や副読本以上の説得力をもつことがある。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド