TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6205471 更新:2013年01月07日

「黄金の3日間」までの準備 ①子どもに関すること


①子どもに関すること

 学級の子どもたちに関することを集めました。
 この時期,子どもたちの顔は分からなくても,できることはたくさんあります。
 まずは名前を覚えましょう。
 名前を覚えると、子どもたちと会うのがさらに楽しみになってきます。
 まずは「○○日までに覚える」と決めましょう。
 そして,ちょっとした隙に繰り返して覚えた方がいいのです。

(1)名簿の作成

 ほとんどの場合,学校ですでに作ってあります。
 学校で作っていなければ,自分で作ります。
 赴任校の出席番号がどのような順になっているのか確認して作ります。
 出席番号は男女混合アイウエオ順がほとんどですが,男女別のところがあるかもしれません。
 出席簿は月日だけ書いてありますが,曜日が書いてありません。
 曜日を書き,土・日・休日は赤の縦線を入れておきましょう。

(2)名前の読み方の確認。

 一人ひとりの名前の読み方を必ず確認しましょう。
 また,男女の確認もしましょう。名前だけ見ると男子か女子かわからない場合があります。

(3)子どもの名前を覚える。

 これはひたすら名前を言い続け,覚えるしかありませんね。
 一度覚えてしまえば,顔と名前が早く一致します。
 サークルメンバーに子どもの名前の覚え方を聞いてみました。

  ア)毛筆で名前を書く。
  イ)漢字で名前を書く。
  ウ)出席番号順に指を折りながら覚える。
  エ)机の位置で覚える。
  オ)指名印を押しながら覚える。
  カ)頭の中に五十音図を思い浮かべ,どの音に何人いるかで覚える。(地図を作る)

(4)個人の記録を読む。

 家庭調査票には保護者からの大事な連絡事項が書いてあります。
 アレルギー・アトピー・軽度発達障害などのために,担任の先生に知っておいてほしいことなどが書いてあることもあります。
 必ず読んでおきましょう。
 2年生以上であれば,指導要録には成績・所見等が書いてあります。
 目を通して,気になる子をチェックしておきましょう。

(5)全担任および学年の教師に話を聞く。

 実際に子どもに会ってみないと分からないこともありますが,その子を知っている方から話を聞いておくことが大切です。
 話をしていただく方の主観が入っていることもありますが,それでも話を聞いておいた方が今後の指導に役立ちます。
 指導要録を見たときに,気になった子のことについて聞いてみるといいでしょう。

(6)指導要録に必要事項を記入する。

 教育委員会により形式が変わることがありますが,基本的には同じです。
 担任が変わることや転校したときのことを考えて,校長の氏名印と自分の氏名印を欄の上の方に押しておきます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド