TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/19 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7688656 更新:2013年01月07日

「黄金の3日間」までの準備 ③学級事務作業に関すること


③学級事務作業に関すること

 先生によって,または学校によって取り組み方に違いがあります。
 ここに書いた内容で,もしかしたら取り組めないことがあるかもしれません。
 その場合は参考にして下さい。

(15)学年便りの作成,印刷をする。

 どのような順番で作成していくのか,同学年の先生方と相談します。
 順番が決まったら昨年度のものを参考に作るのがいいと思います。
 自分の番が来たら早めに作り,同学年の先生方にチェックしてもらいましょう。
 印刷は各クラスの人数+1(担任の分)ごとに行います。

(16)学級通信の作成,印刷をする。

 題名を早く決めてしまいましょう。
 題名は同学年の先生方に聞いて,同じものにならないようにしましょう。
 1枚目を作ることができれば後が続きます。

(17)自己紹介を考える。

 教室で子ども達の前に立ち,話をするのは2日目が多いと思います。
 そのときに楽しく自己紹介をしましょう。

(18)持ち物チェック表を作る。

 勉強の際に何が必要か,子どもが分かるようにしましょう。
 それには持ち物チェック表が便利です。
 このチェック表を子どもに配布すれば,子どもは自分が何を準備しなければならないのかはっきりと分かります。
 もちろん「なぜ鉛筆を使うのか」「なぜミニ定規を使うのか」という趣意説明をしておきます。
 道具袋を用意すると,その後の勉強のスムーズさが変わってきます。
 のり・はさみ・色鉛筆などを道具袋に入れて机の中に入れておきます。

持ち物チェックリスト

□筆箱
□削った鉛筆5本
□赤鉛筆2本
□ミニ定規1個
□消しゴム1個(白いもの)
□油性マジック1本(黒)
□下敷き
□ノート(TOSSノートがオススメ)
□国語-縦書き。線の幅が1センチくらいのもの。
□算数-横書き。市販ならば1行の幅が1センチで,22行のノートを使うこと。
□社会-横書き。マスノートはダメ。
□理科-横書き。マスノートはダメ。

※これより以下のものは,常に教室に置いておくものです
□道具袋(以下の物のみ,袋に入れること)
□はさみ
□スティックのり
□カッター
□三角定規
□分度器
□コンパス
□色鉛筆
□水性ペン
□自由帳

□習字道具
□裁縫道具
□絵の具セット

(19)TOSS教材を選択する。

 できる限り本物を用意しましょう。
 本物を教材選択の際に持っていき,「先生,こういうのがありますよ」と使い方を説明します。

 「分からないことがありましたら,私が調べます」という一言で,他の先生方が安心し,採用してくれることがあります。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド