TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/18 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3130056 更新:2013年01月07日

授業分析で向山型算数を目指す2 授業行為の意味を語る


向山型算数教え方教室12月号の向山氏の巻頭論文は,授業分析をするものにとって必読の論文である。
向山氏は,授業分析について以下のように述べている。

なぜ「幼稚園」レベルなのか。
それは「分析」の内容が,印象を語るだけ,思いつきを語るだけだからだ。
意味が語られていない。
理論が語られていない。

自分の授業分析は,どのような視点でおこなってきたのか。
自問自答してみたが,答えることはできなかった。
ただ,漫然とおこなってきただけなのだ。
授業行為の意味を語る,理論を語る,この視点で分析をおこなっていくことが必要なのだ。
以下は,11月8日におこなった授業を,テープ起ししたものである。
これを,授業行為の意味を語る,理論を語るという視点で分析してみる。

【0秒】
T 今から紙を配ります。
C 何の紙?
T どうぞ。
C ありがとう。
T どうぞ。
C ありがとう。

この紙は,後で二等辺三角形,正三角形を書かせるためのものである。
しかし,問題を読んだ後に配るということもできる。
では,なぜ授業開始後すぐに配ったのか。
それは,問題を読んだ後,すぐに作業に取りかかれると考えたからである。

【38秒】
T 教科書10ページ,練習。
  丸の1,下の,からみんなで,はい。

いつもなら,「教科書を開きなさい」と言っている場面である。
最近,その言葉が形式的になっていると感じていた。
そこで,今回はこの指示で一気に授業へ入ることにした。
そのために,こうした指示をおこなった。

C 読む。(一緒に読む)

なぜ,子どもだけに読ませず,教師も一緒に読んだのか。
1回目なので,教師が一緒に読むと安心して読めると考えたからである。

【56秒】
T はやい子,たくさんいるな。
  念のためにもう一回。
  さんはい。
C 読む。

「はやい子」とは,問題を読んだ子である。
つまり,まだ問題を読んでいない子がいたのである。
ほめることで,読んでいない子も巻き込もうとした。
子ども達だけで読ませたのは,2回目だからである。

【1分11秒】
T その通り。
  今度はスピードを上げて。
  下の,から,はい。

問題をすらすら読ませることで,意味が理解できると考えた。
そこで,このような指示を出した。
しかし,すらすら読ませることでなぜ意味が理解できるか,その理論を明確に述べることはできない。

C 読む(途中から一緒に読む)

途中から一緒に読んだのは,子どもの読むスピードが変わらなかったためである。
教師がひっぱっていくという気持ちで,一緒に読んだ。

以上,1分少々を授業行為の意味を語るという点で,分析した。(理論については,語れなかった。)
1分少々だから,何とか意味を語ることができた。
しかし,これが45分となると,意味を語ることができない授業行為が山ほどでてくるにちがいない。
意味を語ることができない授業行為,それらは,全て思いつきに他ならない。
思いつきは,所詮三流の授業行為であろう。
また,授業行為の意味を語ることができても,その授業行為がベターであるかはわからない。
それらの検討も必要である。
向山氏の示した視点で分析することは,厳しい。
しかし,授業の腕を上げるためには,さけて通ることのできない視点である。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド