TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1242006 更新:2013年01月05日

シャボン玉の絵


酒井臣吾氏実践の追試 4年
 4年生の子どもたちは、シャボン玉遊びが大好きである。
「透明できれいなシャボン玉を描いてみようか」と言うと子どもたちはのってくるはずである。

Image41

指導のあらまし

1題材
 シャボン玉で遊んでいるところを描かせた。
 この題材は、顔を逆さに描かせるところが、特徴である。子どもの概念くだきになる。
 紙は、4つ切りグレーの画用紙。コンテは黒色(茶色やモスグリーンもOK)を使用。

2下絵 シャボン玉を描く
 画用紙の上の方にまるを描く。この時、一息でかたつむりのようにゆっくり描かせる。
 教師が見本を見せる。

3彩色 シャボン玉を彩色する
  ポイントは次の3つ。
 ①「まあるいよ。まあるいよ。」と思いながらぬる。
 ②白色を多く使う。。
 ③重ねぬりをしない。 

4下絵 ストローとストローを持つ手を描く
  ストローとストローをはさんでいる指をかくのが難しいので最初は鉛筆で描かせた。
  描けなくて困っている子には、私が薄く鉛筆で描いてあげた。
  つめを描かせることがポイントである。

5顔、左手、体を描く
 描かせる順は、ストローをくわえている上唇→下唇→鼻→目→耳→顔の輪郭。
 この後、コップを持っている手→体(服)→腕の順で描かせた。
 ストロー、唇、鼻の角度を斜めに傾けると安定感がでる。

6 彩色  顔、手、服を彩色する。
 青、赤、黄の3原色と白色をだす。
 肌の色は、だいたい白4黄3赤1に青をほんのちょっぴり入れて作る。
 赤っぽい肌色、青っぽい肌色、、黄っぽい肌色も作る。
 服は、赤、青、黄と白をもとに自由にぬらせた。
 画用紙の色や肌の色と似たような色にならないように注意した。

7 友だちを描く
 まず、すでに描かれているシャボン玉の横に少し小さめのシャボン玉を描く。
 この後、次のような順序で描かせていった。
 ストロー→右手→唇→鼻→顔→左手→体 
 友だちを描くとき、自分と重なったり画用紙からはみ出たりするところが難しい。
 見えないところは描かないことをアドバイスする。
 はみ出る部分については、紙をその部分にあててやると良い。

8 しあげ 
 飛んでいるシャボン玉をいくつか描く

 (引用文献 酒井式描画指導法入門)

Image1
Image3

1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド