TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/22 現在)

21535
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9849005 更新:2013年01月05日

痛くない注射針の開発


発問1:

好きですか、嫌いですか。(注射している写真)

短い時間見せて、すぐに尋ねる。
「好きな人?(挙手を促す)嫌いな人?(挙手を促す)」

発問2:

どうして嫌いですか?

嫌いな人に理由を発表させる。

説明1:

この嫌いな注射針を、一日に4回も打たなければならない病気があります。小児糖尿病と言います。例えば、2才で病気が見つかり、みんなと同じ5年生までの10年間。10年間でこの位の回数になります。

スクリーンの数字を読ませる。
       →14万6千回。

発問3:

医薬品メーカーの大谷内哲也さんが、これじゃあかわいそうだと、「~~~注射針」を作ろうと考えました。どんな注射針だと思いますか。

指示1:

ノートに書きなさい。

指名する。
・「痛くない注射針」です。
・「やわらかい注射針」です。

説明2:

そこで、作ってくれそうな会社に相談を持ちかけます。一つ目の会社・・、ダメ。二つ目の会社・・、ムリ。三つ目の会社・・、そんなの作っても、もうからない。断られた会社の数、10、20、56,60、90、100社以上。

でも大谷内さん、あきらめません。こんな物を作っている会社に電話しました。働いてる人の数、たった6人。でも、特殊な技能を持っているため、トヨタ、SONY、NASAとも取引のある会社です。社長は岡野さん。

何と言ったでしょう。・・・「忙しいから、そんなこと やってられない。」

大谷内さんは、あきらめずに岡野さんに会いに行きました。
今度は、岡野さん・・・「やってやるよ。」

説明3:

ここから大変だったのが岡野さん。

普通の注射針はパイプから作ります。パイプを細く伸ばしていって、チョッキンと切れば注射針のできあがり。でも、こうやって作ると、意外とパイプの中がザラザラで、注射液が流れにくくなるんだそうです。

発問4:

どうやって作ればいいでしょうか。考えてみましょう。

指示2:

文章でもいいですし、絵に描いてもいいです、紙を利用してもいいですよ。お隣の人と相談しなさい。

「隣の人で、いいアイディアを言ってたよと言う人、いませんか。」
と問い、発表させる。

説明4:

実は、こうやって作ってあるんだそうです。(スクリーンのイラストを説明する。)なるほど~でしょ。でも、これが難しいんです。この形、薄さ、ピッタリ合うのかなど、問題は山積みでした。岡野さんはあきらめずに作り続けたんです。・・・そして完成。蚊のように細い注射針。こんな形です。

説明5:

隣に出てくるこの黒いもの、これは髪の毛です。髪の毛1本の太さ、指で作ってごらん。これの4分の1、これが注射針の太さです。

次に難しいのが、量産化。みんなで読みます。さん、ハイ。
いっぱい作れないと、注射針の値段が高くなります。ロボットが、自動で作れる機械を開発しました。失敗してはやり直し、失敗してはやり直しの繰り返しでした。

大谷内さんから依頼を受けてから5年の月日をかけて、ようやく完成しました。・・・今日、持ってきました。見たい人?(レプリカを提示する)

指示3:

でも、本当に痛くないんでしょうか。確かめたい人?やめときましょうね。   
代わりに、この人に確かめてもらいましょう。(小泉前総理大臣の動画:35秒)

指示4:

ねばった大谷内さん、あきらめなかった岡野さん、この二人がいて、「痛くない注射針」が完成しました。
ある時、TVで紹介されました。この言葉を聞いて、二人は大感激したそうです。大きい文字の方、みんなで読んでみましょう。さん、はい。

みんなで読む。
「ぜんぜん痛くなかった!つくってくれた人、ありがとう。」

指示5:

授業の感想を書きなさい。

【参考文献・HP等】
 『技術で生きる』松浦元男・岡野雅行 著 ビジネス社
 『町工場こそ日本の宝』橋本久義・岡野雅行 著 PHP
 『不可能を可能にした男』篁 笙子 著 メトロポリタン社
 『俺が、つくる!』岡野雅行 著・財部誠一 解説 中経出版
 『人のやらないことをやれ』岡野雅行 著 ぱる出版
 『あしたの発想学』岡野雅行 著 リヨン社
 『仕事がおもしろくなる発想』岡野雅行 著 青春出版社
 岡野工業(株)HP


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド