TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/08/16 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6929745 更新:2013年01月05日

詩『雲』・音読の基礎基本


指示1:

音読1「追いかけ読み①②」
①先生について読みます。「雲 山村暮鳥」▼

②もう少し早く読みす。「雲 山村暮鳥」
音読2「同時読み」:一緒に読みます。
 

指示2:

指示3「一文交代読み」:男女に分かれて一文ずつ読みます。はじめは男子。▼            
題名・作者名は先生です。
指示4「全・後半読み」:全体を二つに分けます。~と~の間に線を入れなさい。▼            
前半を女子。後半を男子。         
指示5:この詩を覚えます。覚えた人から座りなさい。全員起立。
指示6:目を閉じて、情景を思い浮かべながら暗唱します。▼     
ばらばらで構いません。どうぞ。

発問1:

発問1:話者はどこから雲を見ていますか。家の外ですか、中ですか。
挙手で確認する。
テキストを記入して下さい

指示3:

指示6: 外だとします。気持ちの良い草むらの上にねっころがって見ています。

指示7:中だとします。自分は病気です。硬い布団の上から窓越しに雲を見ています。

読み方が変わったことを確認する。
指示8:「ゆく」という言葉が2つあります。丸で囲みなさい。
テキストを記入して下さい

発問2:

発問:漢字で書くとどうなりますか。
「行く」「往く」どちらかを聞く。意味の違いを簡単に説明する。
もう一つの「ゆく」について話し、作者について説明する。
テキストを記入して下さい

最後に、自分のイメージで1回だけ通して読みましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド