TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320209 更新:2013年01月06日

「はいどうぞ」、「ありがとう」で和やかな雰囲気に


有田和正氏の実践を臨時採用時に追試した。

担任が急に休んだ学級は、不安と苛立ちから、
すさんだ雰囲気になりがちである。

特にプリントを配るとき、ひと悶着あるのが気になった。

「はよせー!」「〇〇君、おそーい!」「ぐじゃぐじゃにするなー!」
「プリントがあたった・・・(泣き出す)」などなど。

そこで、子どもたちに聞いてみる。

発問1:

前を向いたまま、後ろの人にプリントを渡したら、どうなりますか。

「顔とかに当たって痛いです」
「プリントがぐちゃぐちゃになります」

発問2:

顔に当たったり、プリントがぐちゃぐちゃになったりして、うれしいと思いますか。

「思いません」

発問3:

では、どうやってもらったら、うれしいと思いますか。

「後ろをむいて、ちゃんと渡してほしいです」
「プリントがぐちゃぐちゃにならないように、渡してほしいです」

指示1:

では、せっかくなので、渡す人は後ろを向いて
「はいどうぞ」と言いましょう。

指示2:

受け取った人は、
「ありがとう」と言いましょう。

ちょうど道徳で、『ありがとう』(河田孝文氏:実践)を授業した直後であった。

少しして、ノート点検で教師机に並ぶとき、先を争っていた子たちが
「はいどうぞ」、「ありがとう」と言えるようになっていた。
譲った子も、お礼を言った子もほめた。

以後、「はいどうぞ」、「ありがとう」の輪が広がり、
瞬く間に和やかな雰囲気になっていった。

*出典*
「はいどうぞ」、「ありがとう」(有田和正氏):
『授業のネタ 教材開発』1998年4月号 「優しさ」「思いやり」を育てるネタ(明治図書)
道徳の授業『ありがとう』(河田孝文氏):
『授業で教える「低学年のしつけ」』向山洋一監修 TOSS道徳研究会編(明治図書)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド