TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2140166 更新:2013年01月05日

沖ノ鳥島水没の危機(領土・温暖化問題)


日本の領土問題と環境・エネルギー <沖ノ鳥島水没問題>

Image211

 教科書や地図帳の「国土…日本とそのまわりの様子」を表したページなどを開かせる。
そして、まず日本最南端の沖ノ鳥島を指ささせる。

子ども達は、この島をまたどこの国ととりあいをしているのかと、アメリカやオーストラリアなど口々に言い出す。

説明1:

    沖ノ鳥島は、島のまわりを波で削られ、満潮時には海面から数10cmだけ顔をのぞかせる小さな2個の岩でしかありません。
   このままだと海に沈んでしまい、島と認められなくなります。
   そうなると、島のまわりの海も日本のものとは認めてもらえなくなり、魚介類や地下資源の権利まで失ってしまいます。

発問1:

そこで日本は、この島を守るため何をしたでしょうか。 

 ・島を高くした。  ・島がくずれないよう硬くした   etc

ここで、沖ノ鳥島を人工護岸壁で囲った写真記事掲載サイトを見せる。

波による侵食を受けないようにテトラポットやコンクリートで島をガードし、約8億円のチタン製のフタを使うなど総工費約50億円もの大工事である。

発問2:

この工事は、もったいないと思いますか、それとも必要だと思いますか。

全員、「必要」に手をあげる。
「島がなくなったら、日本の領土がへるし、魚とかいろんなものがとれなくなるから。」

発問3:

工事を終えた時期はこれでよかったのですが、また大きな問題が起こってきました。  
その問題とは何でしょうか?

 ・外国がこの島をほしがる    ・こわれないようにするのにお金がかかる  etc

ここで、地球温暖化問題について説明する。

説明2:

     地球の平均気温が100年後には2度上がり、南極や北極圏の氷がとけたりして、
     海水面が平均で50センチ、最大で1メートルも上昇するといわれています。
     そうなると、またこの島は水没の危機におちいり、それどころか世界中の陸地も
     少なくなってしまうのです。

次時は、この地球温暖化問題の原因について学習することを告げる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド