TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/19 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2170024 更新:2013年01月05日

自分がしたいことベスト10


構成的グループエンカウンター(自分がしたいことベスト10)

自分の目標を再度見つめ直す授業
※「エンカウンターで学級が変わる(小学校編)・國分康孝監修」(図書文化)の中にある、現早稲田大学教授河村茂雄先生が東京都の小学校教諭時代の実践を、修正追試したものです。

学習発表会が終わり、6年生にとって大きな行事が一通り終了してしまいました。スポーツ少年団の活動、陸上記録会等の行事で忙しかった2学期でしたが、のんびり自分の時間を取れることになったのですが、どうも暇をもてあまし、目標を見失いかけていたため、このエクササイズを実施してみました。

説明1:

これから「自分のしたいこと・なりたいこと」発表会をします。

指示1:

今自分が、何となくしたいな・なりたいなと考えていることを発表したり、友達の発 表を聞きながら、自分がしたいこと・なりたいことを考えます。
遠い夢や空想、人にしてもらうことではなくて、自分がしてみればできそうなものを考えます。

○例えばと言うことで、担任の私が次のようなことを言いました。(自己開示)
1.ホームページをかっこよくしたい。(今切に思っていることです。)
2.もう一度、ソフトボールの全国大会に出場したい。(10月に全国総合選手権に出場したのでもう一度出場したいという願いを持っています。)
3.ディズニーランドに行きたい。(家族で一度も行ったことがないので。現在計画中。)
4.デジタルカメラを使えるようになりたい。(サイトに張り付けたい願いから。購入予定です。)
5.英語を話せるようになりたい。(CDを車の中で聞きながら通勤したりしています。)
6.ピアノが弾けるようになりたい。(卒業式に自分の伴奏で子どもたちに歌わせたい。)
7.日本シリーズを見に行きたい。(ダイエーの優勝をみたいと思っていた。しかし、この授業の次の日に巨人が日本一になった。)
8.雪が積もったらスノーボードをしたい。(今シーズンで6年目になります。お気に入りの場所は、網張スキー場です。)
9.海外旅行に行きたい。(新婚旅行で、ニュージーランドに行っただけなので。それでも、行っているだけ贅沢ですね。)
10.みんなが分かる、楽しい授業ができるようになりたい。(日々、教師修行と考えています。今私の一番したいことと思っています。このことを行った後、数名の子どもがうなずいておりました。)

指示2:

それでは、紙を配ります。心に浮かんだ順に10個書きます。

紙は、B5版の紙を配る。 時間は、約5分間取る。10個書けない子には、

指示3:

書けるだけ書きなさい。

さらに、書けない子どもには、
 ○翌日のおにぎりコンクールで賞を取りたいと書いてみたら。
 ○ソフトボールの試合でヒットを打ちたいと書いたら。
 ○来週の算数テストで100点取りたいと書いてみたら。
と言うことを個別に話し書かせた。
しかし、これでも書けなかった。子どもたちにとって10個あげることは難しかったようだ。そこで、

指示4:

自分のしたいこと・なりたいこと5個書きなさい。

と修正した。これで、いくらか楽になり書き進められるようになってきた。
書き上げるのに5分では足りなかったので、更に3分時間を取った。だいたい書き終えたのを見計らって、新しい紙を子どもたちに渡し、

指示5:

書いた5個をやりたい順に並べ替えて書きなさい。

並べ替えるのはさほど時間はかからなかった。
子どもたちが書いたコメントは、
N・S 1.引退試合で、3本ヒットを打ちたい。
    2.マラソン大会で1位を取りたい。          
    3.テストで100点を取りたい。
    4.ドッジボール大会で優勝したい。
Y・T 1.テストで100点が取りたい。
    2.また、みんなで修学旅行に行きたい。
    3.新人戦で優勝したい。
    4.マラソン大会でいい記録を出したい。
    5.ドッジボール、卓球で優勝したい。
S・S 1.黒板の字を書くとき、ずれずにまっすぐ書きたい。
    2.マラソン大会で順位を縮めたい。
    3.クラブでできるだけ早く、3年生に覚えてもらいたい。
その他、・家でもパソコンをやってみたい。 ・パソコン操作をうまくなりたい。 ・パソコンの授業を増やして欲しい。 ・卒業アルバムを立派にしたい。 ・毎日かかさず歴史(係の仕事)を残す。等身近なことが書かれていた。

指示6:

では、グループに分かれて発表してもらいます。

○グループは、生活班で行った。
○発表時間は3分、質問時間は1分とした。一人が終わったら質問をし、次の人が発表するという形を取った。質問したいときは、質問時間にすることとした。

説明2:

約束です。次のことは必ず守ってください。
①聞いている人は、発表の内容を冷やかしたり、ばかにしてはいけない。
②発表している人の、今の様子を考えて聞く。
③発表している人が、なぜそのような希望を持つのか自分で推測しながら聞くこと。

指示7:

机・いすを後ろに下げなさい。グループごとに床に丸くなって座り、発表します。発表時間3分、質問時間1分とします。では、はじめ。

○この時、机・いすを後ろに下げて床の上にグループごとに丸く円を作らせて発表させた。これは、班 で車座になって、床に座ってやると、リラックスできるためである。実際に子どもたちは和やかに行っていた。

指示8:

全員が発表し終わった班は、発表会を通して、感じたこと・思ったことを自由に話し合います。

○このエクササイズのシェアリングである。しかし、自由に話し合ってくださいという指示では、エクササイズの目的からはずれる場合もあるため、

指示9:

例えば、○○さんのやってみたいことは、夢があってすごいなと思いました。とか
○○さんが、マラソンをがんばっている理由が分かりました。がんばってください。
というように話しなさい。 

○各グループごとの話し合いが終わったら、机を元に戻させる。

指示10:

今日の感想を書きます。

○河村先生の実践では、感想を書かせてはいなかったが、子どもたちに振りかえることを意識させたかったので書かせた。時間にゆとりがあるならば、ぜひ書かせるべきであると思う。本実践では、ここまでで残り5分であった。

指示11:

書き終わった人から、感想を発表します。

○子どもの感想
 ・紙に書いて、自分がやりたいことが分かった。  
 ・班の人のやりたいことも分かったし、自分もやってみたいと思った。
 ・みんなのやりたいことを知ることができて良かった。自分もがんばりたい。
 ・班の人の発表を聞いて、自分もがんばろうと思った。
 ・他の人のを聞いて、自分にできることや、やりたいことが分かった。
 ・みんないろんなやりたいことがあって、すごいと思いました。

説明3:

本当に自分の「したいこと・やりたいこと」を考えてみると、逆に「今した方がいいこと・がんばりたいこと」が分かってくるね。今日はみんなのしたいこと・なりたいことを聞くことができて、私もいろいろやりたいことが出てきました。みんな、ありがとう。

○なりたいことを達成するには、努力が必要だ等、性急に教師がまとめず、児童の気づきを大事にすることがポイントである。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド