TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/22 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8223058 更新:2012年12月01日

「接続語」の指導は記号を使って


教科書には、意味関係に即した分類が書いてある。
①順接(それで。だから・したがって・そこで・と)
②逆接(しかし・けれども・だが・ところが)
③並立・累加(そして・そのうえ・それから・さらに)
④対比・選択(または・あるいは・もしくは)
⑤説明(なぜなら・というのは・つまり・すなわち)
⑥転換(さて・ときに・ところで)

この6つの接続詞を理解すると、文章構造の理解も容易になる。

板書  ①順接  雨  → 部活中止(それで・だから・したがって)

「雨がふりました。だから部活は中止です」
「かぜを引きました。それで学校を休みました」
こういうつながり方を「順接」と言います。 →で表せますね。

板書 ②逆接   雨 ←→ 大会あり(しかし・けれど・だが)
     (but)

「雨がふりました。しかし大会行われます」
「かぜを引きました。でも学校を休みませんでした」
こういうつながり方を「逆説」と言います。←→で表せますね。
英語で何と言いますか? そう「but」です。

板書 ③並立・         (カレー        (そして・さらに・それから)
                 (プリン
     累加(追加)     カレー+プリン
    (and)
 ※記号がうまく表記できないが「並立」には、次の記号を使っている。
      {

「今日の給食はカレーです。さらにプリンが出ます。」
「朝起きました。そして着替えました。そして学校へ行きました。」
こういうつながり方を「並立・累加」と言います。
「並立」は、2つ並べる状態です。
「累加」という言葉は先生も、ここでしか使いません。意味は「追加」と同じです。
英語で何と言いますか? そう「and」です。

板書 ④対比    →ご飯    (あるいは・または)
     選択(OR) →パン
            ご飯orパン

 ※記号がうまく表記できないが「対比」には次のような記号を使っている。  
       →
      | 
       →

「今日の給食はご飯かなあ。それともパンかなあ。」
「麻薬やりますか?それとも人間止めますか」
こういうつながり方を「対比・選択」と言います。
英語で何と言いますか? そう「OR」です。

板書 ⑤説明   部活中止 ← 雨      (なぜなら・というのは)
            部活中止(テニス有り)   (ただし)

①の逆です。「部活は中止です。なぜなら雨だからです」
「学校を休みました。というのは、かぜを引いたからです」
こういうつながり方を「説明」と言います。理由のことです。
①の逆だから←で表せますね。
英語で何というか知ってますか? 
because と言いますが、まだ習っていませんので書きません。
   
理由ではないパターンで、こういうのがあります。
「部活中止だよ。ただしテニス部はありますよ。」
こういう場合カッコで表すと分かりやすいです。
国語の連絡でも、【漢字ワーク提出(まだの人だけ)】って書くことがあるでしょう。
この場合は接続の言葉は「ただし」。「但し書き」と言います。

板書 ⑥転換   「ところで」「さて」 

「さて、次のパターンです。」というように、「さて」「ところで」で場面転換・気分転換する場合を「転換j」と言います。
作文で言うと改行する場所ですね。
改行すればいいので、記号は思いつきませんでした。

説明1:

このような記号を使うと、国語だけでなく自分で社会や理科の教科書をまとめることができます。
いろんな教科の授業の黒板も、このような記号が使ってあるでしょう?
ぜひ、記号を使って自分でノート整理をしてみてください。

※追記
⑤の「説明」には、いろんなタイプの接続語がある。その1つが「つまり」である。
 「つまり」をどう記号化すればいいか分からなくて教えられなかった。
 今は、「つまり」は=でよいのでは考えている。
 
◆おなかが鳴った = おなかが空いている (つまり・すなわち)
◆おなかが鳴った ≠ おなかが空いている

 「おなかが鳴った。つまりおなかが空いているのだ」・・・この場合はイコールでつなぐ。
 ただし、イコールができるということは、イコールじゃない場合もできるということである。
 「おなかが鳴った。だからといっておなかが空いているわけではない」という場合なら≠を使えばいい。
 ただ、≠の場合は逆接と混同するので、1年生の段階では触れない方がいいかもしれない。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド