TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/08/19 現在)

21650
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1111356 更新:2013年01月03日

「大」に「てん(`)」をつけると? 『サラダでげんき』新出漢字「大」と「犬」


向山洋一氏の「変化のある繰り返し」の追試である。

『あかねこ漢字スキル』で、「大」という漢字を扱った。そのとき、ある子が叫んだ。

「大」に点がついたら「犬」!

ちょうど、「大」の次に習う新出漢字が「犬」になっている。
「よく知っているねえ。天才だねえ。」と大げさにほめる。

すかさず「じゃあ書くよ」と、「大」の右下に点をつけて板書する。

発問1:

こうだよね。いぬ!

子どもたちは、「違うよ!」と大騒ぎになる。

発問2:

えっ?! 違うの??

と、すっとぼける。

「もっと上!!」と、子どもたちみんなで訴える。

発問3:

上ね。

と答え、「大」の上に点を書こうと黒板に向き直った。
すると、子どもたちの反応がおもしろかった。

あはは、またぁ!! (「いつものアレね」といわんばかり)

ボケることを見抜かれている。
それでも懲りずに、「大」の真上に点を書く。

「違う!! もっと右!!」 ますますがんばって、訴える。

そこで、わざと「大」の左上に点を書く。
 「そっちは左! 右は反対!!」

発問4:

あっそうか、右はこっちね。

ようやく正しい「犬」を書き、子どもたちも安心する。

以前、向山洋一氏の『くっつきの「を」・「は」』の授業の追試から「変化のある繰り返し」を行っていたので、今回のような反応が得られたと思う。
「教師がわざと間違える」ということをしつこく繰り返したため、子どもたちは「犬」という漢字を正しく覚えることができた。

この後、松藤司氏の漢字文化の授業、『`のつく漢字の授業 その1』(『教育トークライン』2001年5月号)ができたら、言うことなしであった。行事等の関係で今回はできなかったので、いずれ追試したいと思っている。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド