TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4496652 更新:2013年01月03日

これなあに


一 上をみれば下にあり下をみれば上にあり、母の腹を通りて子のかたにあり

二 「ばあば」には二度会えて、「じいじ」には一度も会えないもの

【1】とりあえず黒板に書いて,子供たちに出題してみた。

3年生である。なかなか正解は出なかった。
数日後,一だけ正解が出た。
二については,私がヒントを出した。
「先生の口をよく見といてね。『ばあば』『じいじ』」
これで正解が出た。
しかし,これだけでは授業記録は書けない。

【2】ネットで出典を調べた。

すると,すぐにわかった。
「後奈良院御撰何曾」である。
『群書類従 第二十八輯 雑部』塙保己一(昭和7年発行)に載っている。
平成3年に復刻版が出ている。
これが斑鳩町立図書館にあった。

Cimg3890
Cimg3892
Cimg3891

誰かが「母」「父」を「ばあば」「じいじ」に変えたのだ。変えたのは誰なのだろう?

【3】「上を見れば…」はわかるが,「母には…」がわからない。なんで「くちびる」なの?

じつは,「後奈良院御撰何曾」には解説書がある。
本居内遠著『後奈良院御撰何曾之解』である。
江戸時代に出た本だ。
『本居宣長全集 第六』という本に収録されている。

明治36年に出たこの本が,奈良県立図書情報館にあった。

Cimg3672
Cimg3894
Cimg3893

「上を見れば…」のほうは,別に解説などなくてもいい。
だが,なぜ母に2度あうのがくちびるなのか。
これの解説は欲しい。
ところが,この解説がわけがわからない。
「母はもともと歯々の意味で,上くちびると下の歯があうのが1回,下くちびると上の歯があうのが1回,合計2回あうことになります。私の乳は私のくちびるがとどかないものなので,1度もあわないということになります。」という意味なのだろうか。
「是ら變じたる體の何曾にていとおもしろし」というのは「これらは体の部位の名前を変えているなぞなぞであって,たいへんおもしろい」という意味だろうか。

【4】『日本語の歴史』山口仲美(岩波新書,2006年)に次のような記述がある。

 最初のうちは,この謎の意味が分からず,江戸時代には,なかなかユニークな解釈が出ています。「はは」は,「歯歯」のことで,上歯には上唇が出会い,下歯には下唇が出会う。だから,二回会う。「ちち」は「乳」のことで,これは唇がどうやっても届かないから出会わない。だから,乳には一回も会わない。

この山口氏の解釈まちがってますよね?
原典には「上唇と下歯下唇と上歯」と書いてあるではないか。
それはよいとして,山口氏は本居内遠の解釈は珍説だとして,正解を紹介している。

 けれども,室町時代以前のハ行音の子音が江戸時代以後とはちがって,唇を合わせて発音する「ファ」「フィ」「フ」「フェ」「フォ」であると考えた時,謎々の答えが「唇」であることの意味が分かったのです。だって,お母さんを意味する「はは」を発音すると,「ファファ」となって,確かに唇が二回会います。でも,お父さんを意味する「ちち」を発音しても,唇は一回も出会いませんからね。

【5】以前,向山先生が字謎を出題されたことがあるなあ…と思って,調べてみた。

『向山型国語教え方教室』 2003年8月号に,岩田一博氏が書かれていた。

 平成13年9月の漢字文化セミナーで向山洋一氏が提案した問題を追試すると,子どもは熱中した。向山氏があげた問題を紹介する。(文責は岩田にある)

 ①田の中に棒の1本立ちたるは,□か□か□か□。(□に入る漢字を当てる)
 ②鳥が九羽。何の鳥?
 ③梅の木を水にたてかえる。
 ④この糸何色?
 ⑤上を見れば下にあり,下を見れば上にあり,母の腹を通り,子の肩にあり。

このセミナー,私も参加していた。
平成13年9月24日,大阪コロナホテルにて。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド