TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/07/24 現在)

21403
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1135028 更新:2013年01月03日

ヨモギだんご作り


ヨモギだんごの作り方

作成:小森栄治(TOSS中学)

野外観察の応用として,ヨモギだんご作りをするとおもしろい

■理科の時間にヨモギ取り,学活でだんご作りのように1日に2時間確保する.
■1年生なので,調理室の使い方の指導も必要であり,昼休みから作業したり,掃除なしにして放課後になどの工夫が必要である.
※配付資料(実際は,手書きの絵や書き込みが入っている)

ヨモギだんごの作り方
●用意するもの(一班,6人あたりの量)

だんご粉=もち米とうるち米のブレンド(350g,300円),
ゆで小豆缶詰(210g,100円),重曹(じゅうそう)少々
ヨモギ(80g→よいところだけにしてゆでると50g程度になる)
ボール(2個),ナベ,おたま,皿(人数分),はし(人数分)

●順 番 ※の部分は,能率よくやるために,先に火にかけておく作業です

1 ヨモギをつみ取る.下の方の葉や,枯れているような部分はとらない.
 柔らかそうな部分を集める.
※ナベに水を入れ,沸騰させる.じゅうそうをひとつまみ入れる.
2 お湯が沸くのを待っている間に,ヨモギを水洗いして,茎やゴミ,枯れて
 いる部分などを取り除く.
3 お湯が沸騰したら,ヨモギを入れる.再び沸騰するようになったら,2分
 後に,ヨモギを取り出して,冷水に入れて何回かすすぐ.
 水の色がうす緑色になるぐらいでOK.
※だんご用に,ナベに水を入れ沸騰させる.
4 水を軽くしぼってからヨモギをミキサー(すり鉢)に入れてすりつぶす.
5 だんごの粉をボールに入れ,水を少しずつ加えてよくこねる.
 ヨモギを入れた最終段階で,耳たぶぐらいの固さにする.
 ヨモギを混ぜて色をつける.ようすを見ながらヨモギを入れること.
 入れすぎると苦くなる.
 水の量は,200cm3程度.少しずつようすを見ながら入れる!
 ヨモギを入れると水分が増えるので,水を入れすぎないように注意.
 入れすぎたときのために,粉を少し残しておくとよい.
6 だんごを直径2cm程度に丸める.
 熱が中まで伝わりやすいように,へこんだあんパンのような形にするとよい.
7 沸騰しているお湯に,だんごを入れてゆでる.
 浮いてから3分後に取り出してできあがり!
 取り出して,冷水に入れるとぬめりがとれる.
8 だんごをお皿に載せ,小豆をのせていただきま~す!

※授業のようす  校庭でヨモギつみ

Yomogi03

ヨモギの葉は,裏が白い.キクも裏が白いが,葉のギザギザの先が丸いので区別できる.
くれぐれも,トリカブト(有毒)と間違えないように! 学校ではキクを間違って摘んでくる生徒がいる.

Yomogi01
Yomogi02

 鍋でゆでる.重曹をひとつまみ入れておく.

Yomogi04

水ですすいだ後,ざるにあける

Yomogi06

すり鉢がなかったのでミキサーで粉砕
ミキサーは長時間連続運転すると過熱して壊れるので注意.

Yomogi08
Yomogi07

だんご粉をこねる.水は少な目に

Yomogi05

ヨモギを加えてさらによくこねて混ぜる.

Yomogi09

丸めた後,あんパン型につぶす

Yomogi10

ゆでた後,小豆をのせてできあがり!

Yomogi11

全クラスで日時をずらして実施しました.生徒に好評でした.
なお,ミキサーにかけたヨモギが余った場合には,冷凍庫で保存すれば後でまた作ることができます.


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド