TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/12/13 現在)

21575
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2455122 更新:2013年01月02日

「電気」単元 第4時


第4時

さらに電気の流れ方について確認の意味も込めて以下の発問をする。

黒板に、「豆電球を下に書いた回路・・A  豆電球を上に書いた回路・・B」を書いてから行う。

発問1:

次のAとBのどちらが明るいでしょう。

指示1:

ノートにAの方が明るいと思う人は「Aの方が明るい」Bの方が明るいと思う人は「Bの方が明るい」どちらも同じと思う人は「どちらも同じ」と書きなさい。

予想は、全員「同じ」とであった。ここで、少しゆさぶりをかけた。

『みんなは、電気が乾電池の両側から出ていると予想しましたね。
それだったらAの方がたくさん豆電球に電気がいって明るいんじゃないのかな。』

このようにいうと大反発であった。意見も書いてもらった。

同じ乾電池だしつなぎ方も同じでおきかたがちがうだけだから。
つなぎかたがいっしょで電池もいっしょだから。
同じ電池だから。
上下ちがうだけだから。
同じ電池だしつなぎかたがいっしょだから。

3人が「つなぎ方」という言葉を使っている。
だいぶ回路を意識するようになってきたようである。
しかも、電気というのは上下関係なく流れる物・・水のようなものではないことが分かっている。

そして次の問題に入った。これは実物を示しながら発問した。(10メートルくらいの導線を示しながら)

発問2:

このような長い導線をつないだら豆電球はつくでしょうか。10メートルくらいあります。

指示2:

ノートに「長ーいどうせん」と書きなさい。

指示3:

書けたらその下に予想を書いて下さい。つくと思う人は「つく」つかないと思う人は「つかない」と書きなさい。その理由も書いて下さい。

これも全員が同じ意見であった。
「つく」である。長さに関係がないということである。
ここでも、わけを発表するときにおもしろい発言があった。

そんなんだったら、電線はあんだけ長いのに何で流れるの。
電話もそうでえか。長いのにもしもしと言ったら向こうに通じる。 

これを黒板に書いてさらに説明してくれた。これを黒板に書くと、輪になっていることがよく分かった。電話会社を経由して相手に線がつながっている様子がよく分かるのである。

発問3:

でも、これだけ長いとすぐにはつかないでしょう。予想して下さい。

1番、すぐつく。
2番、3秒ぐらいしてからつく。
3番、5秒ぐらいしてからつく。

指示4:

自分の予想をノートに書いて下さい。わけも書くんですよ。

次は、豆電球のつく早さを予想させた。電気の性質の予想である。
これはほとんどの児童が2番の3秒くらいしてからつくになった。

わけも
「電気は電気だけど長いから電気が通るのに時間がかかると思う。」
というものであった。
さて、待望の実験である。
長さを実感してもらいためにみんなの席の間に線を通した
。ぐるりとみんなの席を通って先生用の机に線を持ってきた。かなり長い。

ゆっくりと線と乾電池をつけた・・一瞬にしてついた。

子ども達は予想外の反応に驚いた様子である。
電気というのはすごいスピードで流れていることが実感できたようである。
次に、念のために次の課題へのつなぎとして以下の発問を行った。

発問4:

この線を切ったらどうなるでしょう。

 

当然、豆電球が消える。という意見が出てきた。

実際に実験してみる。やはり予想通り消えた。

『次の時間は、この切れたところにいろいろなものを間にはさんでつくかどうか考えてみます。』

と言って終わった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド